FROM PARIS

MONOPRIXモノプリを攻略せよ!

今日のパリ1月11日

パリ土産の定番MONOPRIXスーパーのエコバック

すでにお家にいくつもある方も多いのではないでしょうか。

実家にも買って行きいましたら、「エコバックはたくさんあるからいらない!」

はつかねずみ母さんに言われました泣。。。娘がせっかく買って来たのに(笑)

(はつかねずみ母さんについて「【笑う門に福】たまには家族のお話」)

それでも、定期的に限定のプリントが出て再販はないので結構貴重ですよね。

2020年の新しいプリントはこちら!

アニマルとスコットランドのアーティストKaren Mabon (カレン・マボン)とのコラボ花柄

お値段3ユーロ!!!!

えーーーーーーー!!!!少し前まで1ユーロだったよーーーーーー!!

それが1.5ユーロになり人気のプリントは2ユーロになり、今度は3ユーロ!!!

さ・ん・ば・いです!!

高っ!切ない世の中!

※追加情報(1月12日)

モノプリエコバックの値段はシャンゼリゼモノプリがぼったくり、もとい値段が高いだけで

通常のモノプリでは1ユーロだそうです。

さて、とはいっても安定の質と商品数を提供してくれるMONOPRIXモノプリ

我らパリ在住者にとって

そして、パリ観光にいらっしゃる方にも貴重な存在です。

さらに、この頃パリ滞在をちょっと長くしてホテルではなく

キッチン付きのアパルトマンに宿泊される方も多いですよね。

そんな時にもパリのスーパーMONOPRIXは便利。

ということで、今日は

MONORRIXモノプリを探検してみましょう!

まず、営業時間は各店舗で様々です。

最近は日曜は午前中のみ営業しているところが多くなってきました。

(日曜は従業員の給料が2倍なので、午前中のみの営業にしてるのかな?)

また、日曜営業していても小さいモノプリはアルコールやコスメコーナー商品が

大人の事情で購入できない場合もあります。

では、目についたものからご紹介。

【パン・サンドイッチ系】

よく入り口にサラリーマンのお昼用とかちゃちゃっと済ませたい方用に置いてあるサンドイッチ

DON'T TOUCH!

まずい(*_*; 普通にパン屋で買うべし

また、パン屋さんが閉まってしまった後にモノプリに駆け込むこともあると思いますが、

このミニパンコーナーのパンはまずくないです。

【お菓子系】

お菓子のサードパーティー(第三者から出ている正規のブランドと同じように作った商品)は買わないほうがいいです。

LU(フランスのブルボン的?なメジャーなお菓子ブランド)のアルフォートと全く同じお菓子。美味しい。

こちらをモノプリも作っておりますが、本物LUを買うべし。

他の商品もお菓子のサードパーティーはおすすめしません。

ボンママンは何を買っても美味しいですし、基本軽いのでお土産にしてもokです!

チョコレートは選び放題。パラダイス。

エクレア専門店のL'Eclair de Génieのチョコレートが美味しいですよ

【MONORPIXオリジナルMonoprix Gourmet】

MONOPRIXはオリジナル商品を作っています。

このストライプのデザインのバージョンMonoprix Gourmetのちょっとリッチな2種類があります。

おすすめは「Monoprix Gourmet」!1ユーロで変わる美味しさよ。

鴨も美味しいし、私はドライトマトが大好きでダンボール買いしたいレベルです。

 

デザートも「Monoprix Gourmet」シリーズはどれをとっても美味しいですよ。

【乳製品系】

パリの各家庭に1個はあるんじゃないか、と思われるほどの再利用が多い陶器に入ったヨーグルト。

お客様で日本まで持って帰ってワンちゃんの歯ブラシたてに使っている♥という方もいらっしゃいました。

2度おいしいとはこのこと。

【野菜・果物系】

パリの果物や野菜は本当にどれも美味しいです。

日本とは違ってものすごい大きさのキュウリ。パリではこれが普通。

いわゆるサツマイモ(Patate douce)なんですが、日本のより甘くない

野菜や果物のBIOオーガニックがたくさん出ています。

やっぱり普通のよりもちょっと高いので、迷った時は人参はBIOオーガニックを。

農薬等を良く吸いやすいとテレビで見たので、それから人参はBIOオーガニックを買っています。

そして野菜、果物は計り売り

好きな分量(キュウリがデカいからといって、半分にぽきっと折ってはダメですよ)を取って、

通常近くに紙袋(やビニール袋)が置いてあるので、それに入れて計りで計って値段シールを張ってレジでお会計をします。

計りはフランス語表記なので、わからないと思います。

そんなときは、通りすがりのイケメンに遠慮なく聞いてください!

パリはいろんなところでささやかなコミュニケーションが生まれております(笑)

そして、この計りを忘れるとレジのおばちゃんに、「計ってきなさいー!」と怒られるので注意。

【乾物BIOオーガニック系】

これを見たことがあるかたも多いでしょうか。

BIOオーガニックの乾物系。

お好みの分量だけ買えるので便利です。

これも野菜と同じように、計りではかって値段シールを張ります。

【チーズ・バター】

もうみなさん自分の好みの味のバターやチーズを見つけている方も多いと思います。

本当にさくさんの種類がありますよね!

通常のパッケージに入っているチーズもありますが、こんな風に小さい分量だけ打っているコーナーもありますので、

これで試してみるのもありです。

【お肉系】

生ハムなんかお手頃価格でとんでもなく美味しいのが手に入る農業国。

スペインやイタリアからも安くて美味しい生ハムが入ってきています。

CHARAL(シャラ―ル♪CMが頭に媚びりついてる)このお肉のメーカーは旨いです。

他になにかご紹介するのがあったかな。長くなったのでこの辺でレジに行きましょう。

自動レジが増えています。

(レジ近辺にMONOPRIXエコバックは置いてありますよ)

日本と同じでバーコードを読み取って決済します。

カード決済がメインですが(JCBが使えないことも多いので注意)現金も支払いできます。

また、ショッピング袋は無料ではありませんので必要な場合は買うのを忘れずに。

また、大きな店舗のMONOPRIXですと対面式販売でお肉や野菜、お惣菜等が計り売りで

手に入るのでもっと選択肢が広がります。

もし、みなさんのMONPRIXおすすめがあれば教えてください♪

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon
サロンドロワイヤル
アルガンオイル

NEW BLOG

Scroll Up