FROM PARIS

30年ぶりの大型スト真っ最中のパリより

今日のパリ12月7日

みなさん、こんにちは。

結局はストライキネタでございます。

週末、さらに月曜まで延長されている、30年ぶりの大型ストライキ。

「12月5日、Jeudi Noir暗黒の木曜日」と言われたほど、社会インフラの大きな混乱が予想されました。

こんなに騒ぎ立てられているが、

「実際パリはどうなっているのか?レポート」

ストライキ1日目、

蓋を開けてみれば移動は比較的無事。お姉さんは足を組んで余裕。

自動運転の1番線と14番線は終日通常運転。

また数本の路線が朝の出勤時間と帰宅時間に動いたことが功を奏したよう。

(時間を過ぎると電車がなくなるので、早く終業した会社や閉店したお店が多かったです)

そして、今回のストライキは大分前から

ZEROメトロZEROバスZERO RERと脅されていただけあって皆さん準備万端だった模様。

有給をとったりして、できるだけ外出を控える人が多かったので

移動する人数の絶対数が少なくなり混雑緩和。

さらに、先日もお伝えしましたが、随分とTélétravailテレトラバイユ(オンラインで仕事)にて仕事が可能な人が多かったとが

奏して街に出てくる人は少ない。

ブティックやデパートもガラガラ。

お友達は「こんなに空いてるなら、1ヶ月に1回くらいストがあってもいいんじゃない」

なんて言い始める始末。

某オレンジの館も、

某カメリアの館も、

来客が少なくいつもより元気はないですが、ストライキ中も営業中です。

そんな中。29PARIS.comはなんだかんだ用事があって街に繰り出しておりました。

すると日本人の観光客らしきグループのみなさんが、

値上がりしているUberに乗り込む姿をみかけたり、iPhoneで移動手段を探したり、

ストライキ中の珍しいパリを観光している姿をお見受け。

エッフェル塔も閉まったり、美術館も閉まりましたのでどこへ行こうか随分と困ったかと思います。

さて、ここからは

「万が一パリでストライキにあった時の為に、心づもりのイメージ画像↓」

7日土曜日は自動運転の1番、14番以外は13時―18時までの運転に制限されています。

閉鎖路線への通路はこのように閉まっております。

画像右の画面。路線の番号は問題があると赤枠なのですが、ほぼ真っ赤!

運行状況の電光掲示板の前でみなさん対策を思惑中。

駅のアナウンスで、

「みなさん困ったらお近くのジレヴェールに聞いてください!(英語可 各主要駅に配置されています)

(※ジレヴェール(緑のベスト)、ジレジョンヌもあれば、ジレヴェールもあるのか)」

適当な規制テープの貼り方がフランスっぽい(笑)

みなさん自分の目的地にどう辿り着くか検索中。

電車のストライキだけならまだいいのですが、

ロイター通信

暴動も起きていますのでご注意

私のように、催涙ガスをもらい事故的にうけることもあるので。

(「催涙ガスだー!!窓を開けろ!!死ぬね、これ!」)

毎度いいますが、この人のツイッターが本当にいつもパリ事件のリアルタイムなので、

助かります。フランス語がわからなくてもハッシュタグや近辺の地域の名前は読み取れます。

「Remy Buisineさん」

そして、こうした交通の混乱は、治安の悪化も生みます。

窃盗団はいつも乗らない路線に乗っていたりするので、みなさんご注意ですよ。

昨年は黄色のベストでノエルは撃沈で、今年はストライキで客足減で、

パリのブティックはふんだりけったりですね。

みなさんはどうぞよい週末を!

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon
サロンドロワイヤル
アルガンオイル

NEW BLOG

Scroll Up