FROM PARIS

川崎-パリー世界へ!エルメス・カレ展示会で出会う

今日のパリ12月3日

みなさーん、29PARISインスタ見て頂けましたでしょうか?

ついに!某オレンジの館本店が光りはじめました★

動画を撮っている最中、スマホをすられないか冷や冷やしながら撮影した渾身のストーリーですので、

どうぞ見てやってくださいませ(笑)

結果、、、どうなのかな?これは正解なのかな?このデザインでいいのかな?

と疑問符を持ちますが、まあ年末の名物ということで。

エルメスは

そこで光っていてくれれば

それでよい

一句。

さて、パリのSaint Paul駅はただ今こんな景色になっております。

そうです!こちら先日インスタで載せました、

エルメス・カレの展覧会

Hermès Carré Club

場所は、エルメス手仕事展と同じ場所 北マレにあるル・カロ・デュ・タンプル。

過去記事 エルメス手仕事展 part1

過去記事 エルメス手仕事展 part2

場所;Le Carreau du Temple 2 Rue Perrée, 75003 Paris

日時;11月29日ー12月9日までの開催。12時―20時。

とんでもなく広い会場です。(体育館のイメージ)

会場に入ると、正面はホテルのチェックインカウンターのようなデザイン。

背には鍵が並んでいます。ちょうどスーツケースを持ったお姉さんがいらしたので、

さながらホテルの雰囲気アップ。

また、案内図を配るお姉さんたちは全身カレ?の贅沢なコスチューム。

それ、欲しいんですけど。。。

さ!会場を巡りましょう。

入るとすぐに、あれ、これ見たことあるわ!

エルメスの色のチャートが。

パーソナルオーダーの時もこんな色チャートがありますよねー

これにポストイットで各々好きなメッセージを書いて貼っていきます。

会場は《CARRE〇〇〇というコンセプト》で区切られています。

★CARRE STORIE カレ・ストーリー

カレの前にレトロな電話がおかれ、「1」を押してください、と。

久々に番号を回す電話だったので、しばらく「1」を押していたという。(笑)

最終的にあ、まわすんだ!と気づいてまわすと、

そのカレにまつわるストーリーが流れます。

★CARRE CAT カレ・カット

ここではいつも同じになってしまう、カレの巻き方改善講座

★CARRE CLICKカレ・クリック

フォトシューティングは行列の大人気コーナー

★パリと言えば、カフェのもちろんカフェもあります。CARRE CAFEカレ・ カフェ

★期間限定ショップはCARRE MANIAカレ・マニア

これらはまだ店頭に出る前の新作だそうです♥

そしてこちらは会場限定のバンダナ 中央にはHERMES CARRE CLUB

レッドは会場でお姉さんお兄さんが巻いておりました。

まさに、CARRE MANIAカレマニアの盛沢山の内容ですね!

そして、この会の醍醐味はとしてエルメス・カレの人気デザイナーさん目の前で作業をみせてくれます!

Alice Shirleyアリス・シャーリー、

Cyrille Diatkine シリル・ディアトキン

ツイリーアニマポリスやなどの、Jan Bajtlikヤン・バイトリクさん!

大人気でしたね!このシリーズ!

贅沢なことに目の前で作業をしております。

もちろんご質問があればok!みなさん真剣に聞いております。

さて、そろそろ終わりかけですね、と思ったころ、

ブースのお名前になんと日本人っぽいお名前を発見!!

《DAISKE NOMURA》

MONOの消しゴムときたら、やっぱり日本人でしょ!

だがしかし、いない。。。

せっかくなので、どうしてもお話を伺いたく、CARRE CHECKの入り口へ。

「えーっと、DAISKEはお昼だね、もう少し待ってみて!」と。

そうですか。。。

と、誰もいないブースへ戻ります(悲)

ドラゴンを間近で見ておりますと、

あ!!お兄さん登場!!ボンジュールこんにちは!!

100%日本語が通じるので、遠慮なく話しかけます。

29「お待ちしておりましたー!!パリにお住まいなんですか?」

DAISKEさん(以下D)「いえ、川崎です!」

29「え?!川崎?」

D「はい!」

29「そうなんですね!」

D「日本でデザインしてデータで送って仕事をしています。」

29「どういった経緯でエルメスとお仕事をするようになったんですか?」

D「以前、エルメスのネクタイのデザインコンペがあり、そこで賞を頂いたんです。

そこからこうしてお仕事をするようになりました。」

29「どのくらいエルメスとお仕事をしていらっしゃるんですか」

D「8年になります。」

29「ひとつのデザインを仕上げるのにどのくらいかかるんですか?」

D「だいたい半年くらいはかかります。

そして、こうして今デザインしているのが商品になるのは2年後くらいなんですよ」

D「このドラゴンも2年くらい前にデザインしたものです」

29「ド、ドラゴン! 今メンズのニットやアクセサリーでめっちゃ出てるじゃないですか?あれですか?」

D「はい、」

29「ひえーーーしらんかったーーー

あのニットのデザインが日本人のデザイナーさんだったなんて!!」

29「儲かりますか(笑)?」

D「ははは、まあ食べていけるくらいです(笑)」

と、才能がありながらとっても腰が低く、穏やかな方でございました。

日々目にしているエルメスの商品に、日本人の才能が影で関わっているんですねー!

応援しないとですね!!

日々高いだの、バックをださないだの、ブーブーいっておりますが、

エルメスは世界の素材、最高の才能と最高の技術の集大成の最高のブランドということでございます。

さっ、明日は何を買おうかなー(笑)

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up