FROM PARIS

パリってチップ払うの?

今日のパリ11月18日

ネイルをしてもらいに行ってメトロでウキウキ。

(なにやらゴミのようなものがついておりますが、そこは無視で 実際はピカピカ綺麗です)

ただ今メトロでは3人列の席が向かいあっております。その中で女子は私を含めて3人。

3人みんなこの色でございました(爆)

さて、今回のネイルサロンは以前ご紹介した《パリ版ホットペッパーのTreatwell》で予約しましたよ。

(「パリ版ホットペッパーがつかえる件」)

爪の形を整えて、ささくれを綺麗にしてくれて、ゴマージュしてパラフィン(蝋)パック、

最後にネイルをしてもらって24ユーロのかなりのコスパ感。

そして、ご丁寧に綺麗にネイルまで塗って頂きました。

帰り際、「チップを渡さねば」と思ったのですが、

いかんせん綺麗に塗って頂いたネイルが完璧に乾く前でしたので、

お財布をバックから取り出して、ジップを開けて、小銭を取り出して、

という作業を躊躇してしまいチップを渡さずに出てきました。

ごめん(-_-;)

という流れで、今日は

「パリのチップ事情」

のお話です。

「基本的に」パリではサービス料が含まれた値段になっているので、

チップを払う必要はありませんが、あくまで「基本的に」。

で・す・が、マナーというか気持ち的にチップを置いております。

一応の安としてこんな感じにでございます。

【レストランやカフェの場合】

《例1》カフェの場合

コーヒーやシンプルな飲み物の場合チップは払っておりません。

カフェ飯を食べた場合、これまたおかなくても問題ないのですが、私は小銭を置いております。

20、30、50サンチーム程度をテーブルの上に置いておきます。

※茶色の細かいお金でかき集めて10サンチームとかはやってはいけませんよ。

基本的に茶色の細かいお金は置きません。

《例2》ブラッセリ―や軽いレストランの場合

1ユーロや2ユーロ程度

お会計トレイに置いております。ない場合はテーブルに直置き(笑)

france3

《例3》高級レストランの場合

星付きの高級レストランの場合お支払いはカードでのお支払いが多いと思うのですが、

たとえば金額が1360ユーロという中途半端な金額だった場合、

1500ユーロでカードを切ってください、等やっております。

目安として合計金額の10-20%くらい。

現金でチップをお支払いする場合は、通常革の手帳のようなお会計表が渡されますが、

そちらに挟んでおります。

tf1

【ホテルの場合】

《例1》

荷物を運んでもらった場合1-2ユーロ

《例2》

コンシェルジュにチケットを取ってもらったり等なにかしてもらった場合、5-10ユーロ

《例3》

お部屋のクリーニング

実は私はこれは一度も置いたことがないのですが、みなさん1ー3ユーロくらいを置いているようです。

【タクシーの場合】

France, Paris, taxi light

《例1》

スーツケースなど荷物が多い場合は1-2ユーロお渡ししています。

もし、普通の乗車の場合は9.80ユーロのお会計だったらお釣りはいりませんよ、と言っております。

渡さない場合も実は多いです。

《例2Uberの場合》

Uberはご存知の通り、乗車が終わってオンライン上で運転手さんを評価するときに

「チップを払いますかー」と出ます。

私はたっだ1度だけお支払いしたことがあります。

【美容院やスパ、エステの場合】

私は3、5-10ユーロ程度場合によって払っております。

 

他に何かチップを払う場面があったかな?

そして、みなさん※ご注意※

=シレっとチップにご注意=

ブラッセリ―でお食事をしてお会計が13.30ユーロで15ユーロお支払いしたとします。

お釣りを待っても待ってもこないなー?

そんな時は、お店の人がシレっと勝手に、こりゃチップだな、と(意図的に)思い込んでお釣りを用意しない時があります。

まあ、それでいい時はそれでいいのですが、

このご飯に1,70ユーロも払いたくないわ!といった場合は遠慮なく

「お釣りくれやー(La monnaie,s'il vous plait ラ・モネ、シルブプレ!)」と言ってくださいまし。

そして、気のすむまま1ユーロなり、50サンチームなりを置けばOK!

先日、ニューヨークから知人が来ておりましたが、

「えー!パリはこのくらいでいいの?!マンハッタンならチップがあまりに少ないとお店の外まで追いかけてくるよ!」

と話しておりました。ところ変わればでございます。

日本ではチップ文化がないので、「えーお会計の他にお金払うのー?」と一瞬思うかもしれまでんが、

ご丁寧に対応してくれたら、ありがとうの形を相手が喜ぶ≪形≫としてお届けしたいですね。

サービスはその辺に転がっているものではなく、買うもんです。

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up