FROM PARIS

【パリ路上生活】5倍速の男

今日のパリ11月9日

一難去ってまた一難。

人生ってこんな繰り返しなのでしょうか?

こちらは、お友達が関東から北海道まで車での北日本行脚の旅の途中、

岩手の「盛岡八幡宮」に立ち寄って買ってきてくれた嬉しいお土産

「うまくいく」守り

【チームエルメス】には嬉しいお守りだと思ったんですが♥

馬具メーカーから創業した某オレンジの館。

そして岩手盛岡は南部馬っこの里として、毎年チャグチャグ馬っこのお祭りがある

馬にゆかりのある場所。

盛岡観光

馬つながりで、このお守りでどしどし某オレンジの館とご縁があればいいですね!

さて、苦行にさらされたり良い事があったりの繰り返しの人生。

パリでは様々な国の人が様々な人生を送っております。

住む家があって、通う仕事があって、という「いわゆる」普通の生活を

送ることができずに路上で生活する人も多いです。

2019年3月の記事では、パリで路上生活者(SDF)は3641人(確認されているだけの人数)、

そのうち女性は12%。2018年に比べて600人の増加だそうです。(LES ECHOS)

小さい面積のパリでものすごい数ですね。。。

彼らは時にメトロにて恵の食べ物やお金をもらいにきます。

「私の名前は〇○です。移動中の時間お邪魔します。

〇歳です。以前はレストランで仕事をしていましたが、

職を失って路上で生活しています。どなたか食べ物かお金を恵んでください」

等、事細かに状況を説明しながら、メトロを移動する人もおります。

または首から状況を書いた札を下げて、紙コップを持ちお金を貰いに来る人。

または、赤ちゃんを連れて食べ物やお金を貰いに来る人。

または、足が悪くて歩くのもままならないまま、紙コップにお金を貰いに来る人。

特に乗車率の高いメトロ1番線では、度々遭遇します。

観光中に遭遇した方も多いのではないでしょうか。

私は365日中360日くらいメトロに乗っておりまして、

そして1日にかなり巡回しているので、

日になんども同じ路上生活の人に遭遇することも多いです。

きっとあちらも、

「あ!こいつまた乗ってやがる」とかなんとか思っていると思います(笑)

とある日。

午前中に1番線に乗っておりました。

犬可愛い

いつも遭遇する体格のいい足の悪いおじさん。

悪い足をひきずりながら、急いで移動できないので少しずつメトロ内を移動します。

いつものように。

「お金をください。。。」という言う声もその体格とは反して弱々しい。

フランス人は結構お金やレストランチケット等をあげている人を多く見かけますね。

私の近くに来ましたが、私はお金等を渡さずおじさんは通り過ぎます。

こういう時、あげる意思がない場合は首を横に振ったりしておりますね。

そして、その日の夕方。

またメトロ1番線で移動する用事がありました。

そうですね、20時頃でしたでしょうか。

昼間よりは乗車人数が減った1番線。

私は呑気に乗っておりました。

すると、向こうからあの足の悪いおじさんがやってきました。

いつもの5倍速の速さで!!

悪いはずの足はいつもよりめっちゃ動いている!!

そして、弱々しく「お金をください。。。」と言っていた声は張りがあり、

元気にスマホで誰かとお話ししておりました!!

えーーーー!!足悪いんじゃなかったかんかい!!

お金なくて困ってたんじゃないんかい!!!

私は以前シャンゼリゼでこんな光景を目撃したことがあったので、

(過去記事「私は衝撃の瞬間を見てしまった…in シャンゼリゼ」)

免疫はありましたが、やっぱりびっくりした光景でございました。

本当にみなさん、それぞれの事情がありますね。。。

さて、パリは3連休の週末です(またー!)。

寒くなってきましたがみなさん「それぞれの事情」があると思いますが(笑)

よい週末をお過ごしくださいませ!

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up