FROM PARIS

ルイヴイトン MADE in U.S.Aに危惧するのです

今日のパリ10月23日

こんにちは

日本では、中国人の爆買いは下火だと言われているようですが、

こちらパリではさらに勢いを増しているような気がしてなりません。

HERMESでは50%以上が中国人客、

CHANELでは40%が中国人客、

MONCLERでは60%が中国人客、

LOUIS VUITTON、特にデパートのLOUIS VUITTONでは80%が中国人客

で埋め尽くされ、レジがピッピピッピと開店後から閉店まで稼働しております。

%の数字は29PARIS.com“感覚”に基づくデータ(笑)

みなさま、パリだとLOUIS VUITTONは安いし買おう♪とルンルンでパリにいらしても

たいていのパリLOUIS VUITTONブティックは行列でエラいことになっています。(-_-;)

穴場はモンテーニュブティックサンジェルマンブティックのこの2店※

さて、こんなに盛り上がり続けるパリのリュクス市場

ブランド側は需要に対応せねばならなく、

昨年は、エルメスがフランス国内に新たなに2つの工場を2020年までに建設予定」(WWD)

それぞれ250人、計500人の革職人を新規に雇う予定

だそうです(職人をそんなに集めれられるの?)!

ブティックの様子を日々見ておりますが、約14億人の人口を抱える中国から

次々とパリにショッピングに押し寄せておりますので、そりゃ作っても作っても足りないよね、

と実感します。

そして、この度LOUIS VUITTONも新規に工場を新設とか!

場所はフランスやイタリアではなく、

なんとアメリカに工場!

米テキサス州にルイ・ヴィトンの新工場 トランプ氏が落成式に出席」(AFP通信)

へーーー!!

50億円もかけて新設した工場だそうです。

(ちょいちょい登場するイヴァンカちゃん)

ここでご注意!

フランス国内に新たに工場を新設するエルメスは

500人の「革職人」を新規に雇用する計画だそうですが、

一方こちらのLOUIS VUITTONは

新規に1000人を雇用予定。

が!!

雇用者の半数に革製品製造の「経験がなく」

集中的な社内研修を受けた後に裁断や縫製を担当することが認められるという。

(AFP通信)

だ、大丈夫ですか?

求人広告には「未経験可」となっていたんでしょうか。

いったい未経験からLOUIS VUITTONの何十万円もするバックを作るようになるには

どのくらいの時間をかけるのでしょうか?

ちゃちゃっと研修して、そして中国人の爆買いの為に大量生産されたバックやお財布が

市場にでるようになるのでしょうか。

ちょっくら気になったニュースでございます。

そして、同時にですね、リュクス市場拡大とともに成長するのが

偽物市場。フランス語ではcontrefaçonと言います。

(バスで通りかかったマルシェで思いっきりDIOR、人気のカヴァの偽物を売っておりました(笑))

バスから激写!↑↓

そして、いたちごっこのようですが、偽物が増えれば、それを鑑定する技術も発展し、

今はAIで鑑定するそうです

びっくりでございますー!

はてさて、LOUIS VUITTONのアメリカ工場の新人が作ったバックやお財布は

AIに本物と言ってもらえるのでしょうか?!

と、新MADE IN U.S.AのLOUIS VUITTONが気になってまた明日。

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up