FROM PARIS

【パリ現代アートの祭典】草間彌生をフライング

今日のパリ10月17日

パリの街に“変ちくりんなもの”が建ち始めました。

秋にこんなものが街に目立ちはじめれば、、、

そうです、 FIAC(フィアック) International art fairです。

FIAC(フィアック)は芸術の秋にふさわしい、現代アートの祭典。

今年は10月17日ー10月20日まで。

世界中から選び抜かれた現代アート・デザインがパリのグランパレをメイン会場に展示され、

さらに街中にも現代アートが無数に展示されます。

ファッションウィーク(パリコレ)が終わったと思ったら今度はFIACで、

芸術を学んでいる人には、パリはなんと贅沢な街なんでしょうか。

さて、某オレンジの館左岸にてFIACを感じながら

2019年はどんなものが展示されるのかなぁと、10月16日にネットで検索してみました。

すると、

ヴァンドーム広場に草間彌生のあのかぼちゃが展示されると発見!!

こんな画像が出ておりました。

fiac twitter

FIACっぽいですねー現代アートですねー夜はミステリアス・・・

FIACは17日からだけど、もう準備してるのね!

なんなら、ひと足先に見に行こう♪

と、ルンルンで向かいましたら、

これ(泣)↓↓↓

も抜けのカラ

まだ準備中でございました(笑)

ちょ、ちょっとフライングした模様。、。

FIACの会期は10月17日―20日までの本当に短い期間。

草間彌生は見逃さないように夜を狙って行って見たいと思います。

こんなアートイベントの詳細は公式サイトよりチェックできますので、

ぜひ検索して芸術の秋を楽しんでください!

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up