FROM PARIS

色々な意味でよだれが出るパン屋 in パリ11区

今日のパリ10月1日

365日食欲が落ちることがないので、

29PARIS.comの辞書には「食欲の秋」というシーズンがありませんが、

世の中「食欲の秋」シーズンに突入ですね。

さて、今日はパリ11区に来ております。

バーやカフェが多く、下北的雰囲気を漂わせているオベルカンフ地区が人気のエリアです。

お友達はこの地区が大好きで、いつもこの近辺のアパルトマンを探して住んでおりますが、

実は私はあんまり好きではありません(汗)。

なんとなく好きじゃない、そんな適当な理由ですが、

雰囲気が合わないところってありますよねー

今日はどのくらいぶりだろう、確か前回は耳鼻科に来たはずです。

そんな随分と久しぶりに着ています。

なぜか?

それはイケメンがいそうだから!

今日の目的地はこちら。

THE FRENCH BASTARDS

ここ最近インスタやオンラインメディアで話題の「Rock 'n' Roll ロックンロール」ブランジェリー。

内装はロック好きなどこかの男の子のお部屋のような雰囲気で、

我が日本のドラゴンボールのフィギュアなんかも飾ってあります。

ここの主はエマニュエル、デビッド、ジュリアンの3人のメンズ。2019年1月に開業しました。

INSTAGRAM

それぞれ異なる業界出身の人が新しく別事業を立ち上げるのはパリの流行り。

この3人もそれぞれな人生。

エマニュエルさんは、アメリカのスタートアップ企業にお勤めで、

ジュリアンさんは、アランデュカスでお勤めだったそう。

そしてデビットさんは、ダイヤモンド業界出身?

15年来の友人だった3人はパリで何かしょうと作戦を練っていたそうです。

心に響いて、自分たちが楽しく感じるのが「ブランジェリーだ!」となり

2年の歳月をかけて場所を探したそうです。

雰囲気にぴったりの場所が見つかって良かったですね!

彼らの生み出すパンやサンドイッチはどのメディアも高評価。

小麦粉はBIOオーガニック、パンは天然酵母を使用、そしてバターはAOPと素材にもこだわりが。

(素材については詳しく書くと私のボロがでるのでこの辺で。

簡単に言うと体に良く美味しい素材をつかっていると!)

今回こんなものを買ってみました。

①クロワッサン

②チョコレートロール(半分くずれちゃいました 実際はこの倍の大きさ)

③レモンパウンドケーキ

【個人的感想】

①クロワッサン;普通 次回は買わなくてもいいかも

②チョコレートロール;最高に美味い!生地も美味いが特にチョコが美味い!

※と思ったらジュリアンさんはアランデュカスチョコレートにお勤めでしたね!

どおりでーー!チョコめっちゃ美味しいです!

 ③レモンパウンドケーキ;個人的にパウンドケーキが大好物という理由もありますが、💯100点

このギッシリ感が写真で伝わるでしょうか?

レモンが酸っぱすぎたり、生地がかっさかさだったり、逆に濃厚すぎたりと

なかなかバランスが難しいレモンパウンドケーキ。

お昼を食べた直後に食べたんですが、もう一口、もう一口と止りませんでした。

これだけの為に嫌いな11区に(笑)また来たいと思えるレベルです。

パウンドケーキはチョコレートバージョンもありましたよ。恐らく美味しいはず!

イケメンが作る(好みにもよる)パン屋はいろんな意味でよだれがでそうです(笑)

サンマルタン運河も近いことですし、お散歩ついでにおすすめです!

サンドイッチも美味しそうなので次回はサンドイッチを買ってみましょう。

THE FRENCH BASTARDS

61  rue Oberkampf (11th)

Métro: Oberkampf or Parmentier

営業時間

平日;7時30分から20時30分

土日;8時30分から20時

木曜休み

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up