FROM PARIS

秋の新作チョコレートをお探しの方へ!

今日のパリ9月28日

さて、Salon du chocolat サロン・デュ・ショコラの仕掛人が友人だったと知ってひっくり返りそうです。

今年もいつも通り、2019年10月30日―11月3日PORTE DE VERSAILLESで開催されます。

夏は気温が高くで日本へチョコレートを持ち帰るのができませんが、

気温が下がってきた今日この頃は、パリのチョコレートはお土産に最適ですね!

この時期になると、「どこがおすすめですかー?」と良く聞かれます。

Jacques Geninジャックジュナンは間違わないおすすめ

パッケージもパリっぽくてカッコいいです。

キャラメルやパートドフリュイ(フルーツゼリー)も消費期限が短いですがこちらもおすすめ。

続いてこの頃声を聞くのが、

BERNACHONベルナシオン

伊勢丹に入ったことで知名度が上がったでしょうか?

フランスではLyonとパリではこちらのブティックにて手に入ります。

かなり入手できるとことが限られていますね。

L'Étoile d'Or

30 rue Pierre Fontaine, 75009 Paris

 

そして、今日は穴場的なブティックをご紹介。

場所はパリからひとつ駅を外れたVincennesヴァンセンヌ

最寄りはメトロは1番線の終点Château de Vincennes(シャトードヴァンセンヌ)、もしくはRER A線Vincennes駅

駅名の通り、街にシ ャトードヴァンセンヌ(ヴァンセンヌ城)が聳え立ちます。

ここは市役所ですって。綺麗ですねー平和ですねー

さて、今日ご紹介するのはブルーのファザードが目印の小さなショコラティエ、

Julien Dechenaudジュリアン・ドゥシュノー

2017年秋にオープンしました。

リヨン出身のジュリアンさん。(チョコレート職人にはリール出身が多いですね)

プラリネに思い入れがあるようで、おすすめはヴァンセンヌの敷石をデザインしたプラリネ詰め合わせ13ユーロ

そしてチョコレートクッキーと板チョコも人気です。

棚の上段に並ぶ小説のように見えるのが板チョコです。

種類がかなりあるので、店員さんとお話して好みのものを発見するのがおすすめ。

今日は私は板チョコとフラン(フランス版プリン)ヴァニラ味を購入

 

クッキーとだいーーーぶ迷いました。

板チョコはブラック75%の

GHANA FORASTERO

さてさて、お味はいかがでしょうか?

まずはフラン(フランス版プリン)ヴァニラ味から。4ユーロ。

ほーほーほー

甘さを欲している時には甘さが足りないと感じるかもしれませんが、

お上品でおいしゅうございます。

下のクッキー生地とフラン生地のバランスがなんとも美味し。

そして板チョコ。

なんですか?このデザインは?!美味しいですねー

味もさることながら舌ざわりというか溶ける感じがとても良いです。

シャンパンと一緒に頂いたり、バゲットと一緒に頂いたりもおすすめの食べ方です。

さらにパッケージが手の込んだ本のような仕様になっていて、プレゼントにも!

(まず開いてぴろぴろを引っ張るとチョコレートが出てくる仕組みです)

   

板チョコ7.5ユーロ この値段ならコスパ良し!

なかなか用事がないと足が伸びないですが、現在ここでしか手に入らないので、

ヴァンセンヌの森やヴァンセンヌ城散歩がてらに、足を伸ばしてはいかがでしょうか?

あ!もしRER A線でいらっしゃる方は私みたいに罰金になるので、切符は注意してくださいね!!

たくさんの人が捕まっておりますー泣

過去記事;あんた罰金よ!!(怖&怒)

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up