FROM PARIS

お金のすすすめ【海外生活編】

今日のパリ9月15日

9月13日の金曜日に12年ぶりといわれる(年金制度改革に反対する)ストライキによりパリ中の交通が乱れ、

なんと16路線中10路線が閉鎖となりました。

が、その翌日はメトロは1、2、5、6、9、14号線とトラムの一部がなんと

オールナイト運行試験実施!

(来年3月まで月一回(10月19日、11月9日、1月18日、2月15日、3月14日実施予定)

なにそれ?!(笑)

16路線中10路線を止めた翌日にオールナイト運行って。。。(笑)

そんなハチャメチャな海外で生活しております。

さて、世界最強のパスポートで、どんなところにもひとっ飛びの2019年。

みなさんの身内、お友達、そしてご自分が海外にいる、という方も少なくないと思います。

みなさんは海外に行かれる時はお金の管理はどのようにしていますか?

ご旅行の時は①クレジットカード、②換金して現金で持って行く、でしょうか。

あっ!「トラベラーズチェック」って今あるんですか?

昔ロンドンに短期滞在したとき、「クレジットカード」「換金してポンド」

「トラベラーズチェック」をもって出発しました。

「トラベラーズチェック」は盗難にあっても再発行が可能というので便利かな、と10万円分用意しました。

現地に到着してみて、トラベラーズチェック使用時はパスポートの原本が必要で、

いちいち外出の際にパスポート原本を持って行くのは面倒くさいなー!

と不平不安のトラベラーズチェック。

。。。ロンドン到着はじめての週末だったと思います。

12万のコートを買いトラベラーズチェックを一気に全部使ってやりました(笑)

さて、海外でのお金の話。

実物大のティッシュです(笑)

①クレジットカードはレートも悪いしキャッシングもできるだけしたくないな、

②換金すると現金が余ったらそれはそれで無駄になるし、

(ドルやドバイに行ったときの通貨が紙切れどうぜんに箪笥にあるぞ)

足りなくなったら現地で再度両替するのも、ぼっらくられそうだしいやだな、

となかなか頭を悩ませます。

海外生活においては、現地で大金が必要になったときや買い物しすぎて(笑)お金が足りなくなったな、

と言うときは「海外送金」という方法で日本円を現地口座に移動することもします。

すると明細を見て、「え!こんなに手数料とられるんだ(泣)」「なにこのレート?!聞いてないし!」と

余計なお金をとられることが多いです。

お金を得ることが難しい海外生活で、微々たる出費でも涙もの。

また、お子様がが海外留学をしていてお金を送らなければならない、そんなケースもあると思います。

さて!今日はそんな海外と日本のお金のやり取りにおすすめの2つの方法をご紹介。

ビバ文明!

ビバ2019年!

ビバFinTech(フィンテック)(※金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、

金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動き)

【お金のすすめ①】Transwerwise(トランスファーワイズ)

※主に海外送金で使います。

まずサイトから安さを確認。https://transferwise.com/jp

(例)日本円10万円をユーロに送金

★レート119,75JPY やすいですね!

銀行経由送金やキャッシングの場合だとこの場合122円くらいのレートになりますね。

金額が大きくなるとこのレートの差は大分響いてきます。

★着金予定日 約2日後 早い!

★手数料10万円移動で936円 こちらも安いですね!

さあ!こんな魅力的な「Transwerwise(トランスファーワイズ)」の使い方

①無料でサイトにアカウント登録 https://transferwise.com/jp

②送金金額を設定

ー為替レート;銀行海外送金の8倍安いとか 上記の通りとても安いです

③受け取り側の口座情報を登録

④本人確認「パスポート」などの画像を添付

※初めての場合、2日程度本人確認に時間がかかりました

※住所確認で登録日本住所に「簡易書留」が届きます、

※海外在住者はマイナンバーの登録が不要です。

ただ、登録には「簡易書留を受け取れる」日本の住所が必要になります。

⑤送金実行

※送金は一旦お金を「TransferWise Japan(トランスファーワイズ ジャパン)の

日本口座(三菱東京UFJ銀行の恵比寿支店)」に

振り込む形になります。ここから送金先に振り込まれる形になります。

※送金手数料は着金希望日数によって異なります。

実際サイトを触ってみると、とても分かりやすくて、また日本語で質問できますので

とっても便利に海外送金できました。

【お金のすすめ②】Revolut(レボリュート)

イギリス系フィンテックモバイルバンキング

個人的にはこちらがとってもおすすめなのですが、、、

※日本から利用開始日はまだのようです ですので頭の片隅に!※

ー口座開設;スマートフォンアプリ

ー口座開設費;無料

ー口座維持費;無料

ー通貨対応;120か国

ー為替両替手数料;無料

ー為替レート;銀行間レート(インターバンクレート) 安い

ー海外送金手数料;0,5%(ノーマルランクで5000ポンド上限)

ーVISAカード発行無料で可能(送料はかかります)

ーapple pay対応

ーランク;ノーマル(無料)、プレミアム(6.99ポンド)、

ここまでではわかりにくいので、イメージはこんな感じ。

=イメージ=

Revolut(レボリュート)インターネット銀行に各国通貨で貯金しておくイメージ。

通貨間でお金の移動はアプリで即。さらにレートはインターバンクレートのお得なレート

=主な使い方=

★海外旅行に行く前にアプリでRevolut(レボリュート)口座に日本円で入金しておく

(銀行口座もしくはデビットカード経由)

→現地でapple payでお支払い。

→もしくはVISAカードでお支払い。

→もしくは現地ATMでATM手数料無料(一部有料の場合あり)、

為替レート;銀行間レート(インターバンクレート) にて現地通貨にて引き出し

→現地でお金が足りなくなったら、アプリからちゃちゃっと日本円を現地通貨にかえるだけ

ものすごく簡単!

ヨーロッパ圏だとユーロという通貨が同じなので便利ですが、NYにアンチエイジングの師匠に会いに行きたいなー

ちらっとロンドンに行こうかなー、コッペンハーゲンに行きたいな、

と海外旅行に行こうと思ったときストレスなくすぐ出発できます!

=口座開設方法=

①アプリをダウンロード

②情報を登録して、本人確認書類を画像よみとり

③本人確認がすぐ完了し、すぐ使えるようになります。

これによってと海外がどんどん近くなりますね。

そして、世の中5Gだなんだと言っておりますが、

なんでもネットで出来るようになって便利!

同時に(私の両親のように)ネットが使えないと死活問題ですね。。。

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up