FROM PARIS

あんた罰金よ!!(怖&怒)

今日のパリ5月10日

先日用事があってこんなところへやって来ました。

VINCENNES

これで「ヴァンセンヌ」と読むのでフランス語は難しいですね。

みなさんご存知の通りパリはこんな丸で囲まれた形をしております。

そしてメトロの駅でよく「PORTE(ポルト)〇〇駅」という駅がありますが、

(このPORTEは「扉」という意味で、)このPORTE〇〇駅という駅を境に

パリと郊外が区切られています。

このPORTE〇〇駅を過ぎるときにピーとかここでパリは終わりです、と言ったアナウンスが

あるはずもなく、さらっと通り過ぎるのですが。。。

今日のお話はここから。

このVINCENNES。

ご覧の通りパリから出た郊外の一つ目の駅でございます。(Nation(ナシオン)までパリ)

とある日。

パリ版定期Navigoをたまたまチャージしない時で、回数券(Carnetカルネ)で

いつものメトロではなくRERというパリ市内から郊外へ続く電車に乗っておりました。

ひと駅がメトロと違って遠いなー、なんだか汚いなーと思いながら乗っていて

Vincennesの下車駅に到着。

「よしよし、やっと着いた。回数券(Carnetカルネ)をピッと入れて降りよー」とした時、

駅の改札の扉が全く開かず、ピーっと。

「何よ何よ何なのよ!!!まったくもーフランスの機械はほぼほぼ壊れてるわねー!!」

イラつくのも数秒。

黒人のでっかいお兄さんが、

お兄さん「マダム!」

29「は?何よ!」(強気)

お兄さん「ちょっとこちらへ!」

29「は?何よ!」(まだ強気)

と、改札から少し離れて、RATP(パリメトロやこのRER郊外電車等を管理する)の制服を着た

お姉さんのところへ連れていかれました。

29「え?!」

制服「マダム、切符見せて」

29「はい、これよ!」(若干ドキドキがはじまる)

制服「マダム、この切符はだめよ この切符はPARIS圏内でここはダメなのよ 35ユーロの罰金よ!!」

29「は!私ちゃんとゾーン2買っているのでここは問題ないです!」

と、フランス人マダムのように自分は悪くない風に言ってみました。

制服「マダム、この切符にパリ圏内って書いてあるでしょ ここはパリじゃないのよ!」

なにそれーーーーー!!!

29「こんなの見えないですよ!ちゃんと書いておくべき!

ほらあのマダムも私と同じように間違ってますよ!

(私と同じ回数券でVincennesに降りたマダムが捕まっておりました)

みんな間違うっていうことは表示がおかしいということです!(断言 勝ち誇ったつもり)」

制服「マダム、隣のマダムは違うわ!」

29「いいえ、私と同じ間違いです!!」

(ちゃんと話の内容が聞こえていましたし、捕まったマダムも同じように回数券を見せていました)

制服「マダム、だからここにパリまでって書いてあるでしょ!35ユーロの罰金よ!!」

最悪最悪最悪最悪最悪!!!!

35ユーロ(約4500円)みすみす取られるなんてやなこった。

35ユーロあったらZARAで新しいパンツかスカートか買えるし。。。

ひと駅でこんな罰金になるなんてーーー!!

だったら、PORTE〇○駅通過するときアナウンス流してよ!!

えーー本当に嫌だ!!

節約大好き人間なのに(笑)こんなことで無駄使いするなんて、ショック。。。

まさかこの状況から逃げられるわけもなく、渋々カードを出して罰金払ってやりました。

パリ在住のみなさんは通常NAVIGOだと思いますが、

パリから離れる期間があって、NAVIGOチャージしないときは十分に注意してください。

観光でいらっしゃる方はあまりRERに乗ることはないかと思いますが、

例えばアウトレットにRERで行くようなときは、アウトレットの駅「Val d'Europe」までの切符を

ちゃんと購入してくださいね!

そうじゃないと、私のようになりますので(笑)

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. のりこ

    はじめまして。 いつもいろいろなエピソードやまた貴重な情報を楽しく読んでいます。 意図的ではないのに罰金を取られるなんて悔しいですよね。 そこで質問があります。 もしメトロ1号線で終点Chateau de Vincennes に行った場合は普通のパリ市内のカルネで行けるのですね?(La Defenseに行く場合も同様に?) 

    • 29paris

      のりこ様
      はじめまして コメントありがとうございます。
      はい!たったひと駅で、35ユーロはショックで悔しいです!自分が気を付けていれば、なのですが本当にわかりにくいっ!
      「メトロ1号線」を調べてみましたら、「メトロ1号線」に限っては終点は、なんとこちらが例外!でカルネで行けるそうです。
      全くもって不思議なルールです。。。(+_+)
      日々あれやこれやと起こる落ち着かないパリ生活です(笑)が、役立つ情報をお届けできるようにまた巡回(笑)して参ります。
      コメントありがとうございました!

  2. Fumi

    先日、29paris様のおかげでHのバッグを購入できた者です。実は私も帰国2日前にこれをやられました 怒泣
    Porteを過ぎたら「郊外」の認識前に「更に気を引き締める区域」の方の観念が強く、パリから飛び出ている事に全く気がつかず制服員に捕らえられました。

    気分の良いカフェ、美味しいレストラン、そしてHのバッグには納得して気持ちよくお金を使える私ですがこういう納得いかないものには絶対にお金を払いたくない!という気持ちで、強気で弱気で色々あがきましたが許してもらえる雰囲気は1㎜も感じられず、時間の無駄と判断して連れの分も含めて€70払いました。(日本のガイドブックにある金額よりも罰金が1人あたり€5上がっています)

    今回の29paris様の投稿を拝見して次回は絶対にnavigoを購入しようと思いました。バスに乗るのも大好きなので私にはその方が安全と思います。
    いつも有益な情報をありがとうございます。
    これからもブログを楽しみに、そして応援します!

    • 29paris

      Fumi様 コメントありがとうございます。
      帰国2日前に。。。それはショックです!
      おっしゃる通り電車では「更に気を引き締める区域」の方に意識が行ってしまいます。特にRERでは。
      私も同じくです!納得いかないものには微々たるお金も支払いたくないですよね。
      2人分だと70ユーロ!帰国前の出費は余計にイタいです。そして怒。
      RATPとのやりとりでは、本当に逃げられない雰囲気ですね。
      もう少し早く記事をかけばFumi様のお役に立てましたのにー

      はい!Navigoは最初発行手数料が5ユーロかかりますが、チャージしてCDG空港までも範囲に含まれているので
      計算によってはお得になります。

      こちらこそ、コメントありがとうございます!
      同じ経験のお話伺って少し気持ちが落ち着きました(*^^*)

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up