FROM PARIS

【緊急事態】フーケッツが燃えた!!!

今日のパリ3月17日

「世界一美しい通り」は3月16日炎に包まれました。

2018年11月から続く「黄色のベスト」運動

これまで何度もブログでも取り上げてきました。

ー2018年12月8日「【異常事態】黄色のベスト 8日は外に出られない!!

ー2019年1月12日「【黄色のベスト】1月12日の閉鎖駅

ー2019年2月18日「マダム!こちらから出てください!!

いつからか“ACT〇”と(=第〇週)続く運動に回数がカウントされるようになった、

ACT18 2019年3月16日

「世界一美しい通り」シャンゼリゼ通りの象徴のひとつである

Le Fouquet's(ル・フーケ=フーケッツ)

AFP

燃やされてしまいました。。。

大好きなお客様と度々行っていたレストラン。

こんなことってあるんですね。。。

改装後のオープンからそう経っていないはず。

他にもZARAやロンシャン、HUGO BOSSや銀行などたくさんの企業が被害に合いました。

この緊急事態を受けスキー休暇中だったマクロン大統領はパリに急遽戻りました。

カメラにポーズとってる場合じゃありません。緊急事態です!

一度落ち着いたように思われた「黄色のベスト」運動ですが、まだ安心できない状況です。

油断してお買い物に出て行ったりすると、巻き込まれる危険があります。

ー2019年2月18日「マダム!こちらから出てください!!

この程度ならいいですが、催涙弾等がふいに目に当たって失明するケースも十分に考えられます。

(実際、失明している警察官もおります)

これからパリに行きます!と春の暖かい陽気でたくさんのご連絡を頂いて嬉しいですが、

パリの土曜日はしばらく「黄色のベスト」運動の動きに注意が必要です。

「黄色のベスト」運動のデモの場所以外は平穏ですが、駅が閉鎖されルート変更を余儀なくされております。

パリが危険なら地方へ行こう♪と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

地方でも「黄色のベスト」運動は土曜日に行われておりますので十分情報に注意してください。

もう4、5か月も続いているこの状況。

LOUIS VUITTONシャンゼリゼは運動が過激化してバリケードを設置してみたり、

落ち着いたと思って外してみたかと思ったら、また設置したり。

「フランスの過渡期だ!フランスはこういう国だ!」と不満ながら受け止めていたフランス人も

さすがに長期化するこの状況にうんざりしてきているようです。

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up