FROM PARIS

ブラタモリ パリ特集 ご覧になりましたか?

今日のパリ2月17日

空から“パリ”を見つけました。

さて、楽しみにしていた2月16日がやってきました!

そうです、先日ブログでもご紹介した「ブラタモリ パリ編」

皆さま、ご覧になりましたでしょうか。

番組を見ますと薄着ですので夏の終わりか秋ごろの取材だと思いますが、

私はバリバリ、パリにいたのになー

バリバリ、パリをうろうろしていたのになー

全くニアミスすることがなく残念っ、タモリに会いたかった。

今回のテーマはなぜパリは“華の都”になったのか」

古来パリは依然は屋内にトイレがなくピーを窓から外に投げ捨てていて町には悪臭が漂っていました。

そんな説明の時に出ていたここの小道。

パリで一番細い道

29ブログで書いてますよー皆さま覚えていらっしゃいますでしょうか?

こちら過去記事どうぞご覧くださいませ↓↓

猫の日なので、パリ一狭い道「釣りをするネコの道」を通ってみた。」

パリ一細い道は“釣りをするネコの道”って言うんですよ。

続いて解説に登場したアリーさん。

この方知っているし!以前ブルージュに観光に行った際に(確か、違う場所だったかな?)ガイドでいらしておりました。

懐かしい!すごく日本語が流暢でしたのでお名前もはっきりと覚えております。

さて、番組でも度々登場したパリのキーワード「オスマン」。

1853年県知事に就任したジョルジュ・オスマン(Georges-Eugène Haussmann)の名前です。

上記のようにとても悪臭漂うパリの街をたった17年間で大改造し“華の都”に作り上げた人物。

Société des Amis du Vieux Blaye

いわゆる「パリっぽいアパルトマン」はこのオスマンが作り上げた様式でオスマン建築と言います。

パリの不動産情報でもキーワードになるんですよ。オスマン建築のアパルトマンがいい♥

と、こんなオスマンの都市計画について語っていたパリ東大学のマチューさん。

どうです!日本でこんなアンニュイな立ち方の人います?

これこそパリジャンですよね!ポケットに手を突っ込んで、ちょっと斜めっているし。

シャツの着方もまぁ、パリジャンってこんな感じ。

さあ、番組も終盤になりマチューさんとブラタモリが訪れたパッサージュ。

私も大好きなPassage Jouffroyパッサージュ・ジュフロワ。

10-12 Boulevard Montmartre, 75009 Paris

ブラタモリはとても珍しいパッサージュの地下を訪れておりました。

こんな風になっていたんだ!ととっても驚きでしたので動画などでみなさんもご覧になってみてください♪

29PARISのPassage Jouffroyパッサージュ・ジュフロワのおすすめはこんなところ。

【ミステリアス】~雨なので今日はパッサージュへ~

タモリがパリにいるという違和感と興味深さであっという間に見終わってしまいました。

次回も楽しみなブラタモリ・パリ特集。

2月23日(土)午後7時30分~8時15分放送予定です。

タモリに絡めて過去記事をちょいちょい入れると言う下心ありのブログになりましたね(*´ω`*)

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. ETRETAT

    久しぶりに見ました。たまたまパリが映っていたので。ブログにも書きましたが10年前の「世界ふれあい街歩き」と
    現場がかぶりました。ホテルショパンのオーナーは10年たっても元気でした。パリ2回目はどんなところが登場すると
    思いますか?

    • 29paris

      ETRETAT様 こんにちは お元気でしょうか?コメントありがとうございます!ホテルショパンのオーナーも元気に登場しておりましたね。パッサージュの地下には驚きました。第2回目は“パリの坂”の頂上モンマルトルでしょうか(*^^*)

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up