FROM PARIS

【モナコ】美しすぎる姫の国へ

今日のパリ2月15日

みなさま こんにちは

しばしブログを更新しないで何をしていたかというと、

こんなところへ逃避行しておりました。

Côte d'Azurコートダジュール地方。ニースとモナコでございます。

季節もお金で買えるんですねー!(笑)

寒い冬のパリから、少女が海水浴していたプチ夏と言わんばかりの南仏へ。

1泊2日なので時間を有効に使えるこんな行程でございます。

【行程】

パリ→電車→ニース→電車→モナコ→泊→モナコ→電車→ニース→飛行機→パリ

まず、世界で2番目に小さい都市国家、タックスヘイブン国家モナコの様子から。

到着してGoogle map片手にうろうろしようと思いましたが全く把握できず。なにここ?

この距離なら歩いて行けるかな、と実際行ってみるとこんなところ( ゚Д゚)

とても勾配の激しい土地でございました。

↓↓↓

これはリサーチ不足!ヒールで来ちゃったよー(泣)

と言っている場合ではなく順応せねば、と地元っこバリにバスに乗ってみます。

皆さまポルシェかベントレーかで移動なさるのかと思いましたが、


バスにもまあまあ乗車しておりました。

ここで提言。

~バスを制せばモナコを制す~

思いっきりモナコ“公国”とはかけ離れたワード、「バス」ですが、

観光で行かれる場合はバスが最高。20分もあれば始発から終点まで行けますし、

降りる場所がわからなくなって終点まで行ってしまっても、

20分程度で元の場所にもどれますので安心です。(ただ、バスの待ち時間が10分ほどある)

とりあえず、さらっと乗ったバスから見える景色がすでにこんな感じ。

なんとまあ美しい町ですね。

停泊しているヨットのレベルが、マルセイユとは格段に違いますし、

高級リゾート地と言われるドービルとも各段の差です。

そう!バスでびっくりしたことがもうひとつ。

バスの運転手さんの制服。

こんなんです。最初パリのお肉やさんかと思いました。白衣的な。

プチ情報;長袖と半袖バージョンがある模様(笑)

バスでモナコと言えば、のカジノ前を通ったりもします。

続いてまた乗り物系ですが、バスで海洋生物博物館前まで来たら、

私の旅の定番。Petit Trainプチトラン(観光ミニレトロバス)に乗ってみましょう。

街の全体像を把握するにはぴったり。2階建ての大型観光バスももちろんありますが、個人的にこっち派。

小さな町はこんな可愛い電車が最高です。しかも気温16度なので風が最高!

ただ、町の至る所に警官がいて、プチトランのおっちゃんは「元気ー?」と度々一時停止するのがたまに傷。

というのも、モナコは国民2人に当たりに1人の警察官の割合で、治安は世界一だそう。

10€のプチトランから見るストレスという言葉を忘れそうになる美しい景色に、

ラブリーな郵便局。

40分の周遊を終えプチトランの終点のほど近くにはこちら、

モナコ大公宮殿

旗が立っている時はモナコ大公がいらっしゃるんだそうです。

(お土産やさんに行くとモナコ大公とシャルレーヌ公妃のおせおせ感がはんぱなかったです。

シャルレーヌ公妃はファッショナブルでおしゃれですねー 競泳選手からお姫様に)

 

ニーハイでさっそうと歩くシャルレーヌ公妃Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images

大公公邸前では、11時45分から、ロンドンのように衛兵交代式があります。

ちょっと時間が早く着いてしまったので、これで見たことにしました(笑)

さて、シャルレーヌ公妃やステファニー姫通りや、

シャーロット姫大通りなど、

どこへ行っても姫通りで町の様子に飽きてきたところで、ここからお買い物編へ移ります。

※もちろんオレンジの館情報もあり!!どうぞお見逃しなく※

つづく

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. くまこ

    来月、モナコに行くので次回ブログの情報待ち遠しいです。
    オレンジ情報、(特にバッグ)楽しみにしています。

    お時間が許せば、サクッとでなく沢山情報お知らせください。
    よろしくお願いいたします。

    • 29paris

      くまこ様 コメントありがとうございます。
      モナコ最高の景色でした!どうぞ楽しみになさってくださいませ。
      オレンジの館情報、今日アップ致します。が、、、と「、、、」でした。
      おそらく人によるところがあると思いますが、詳細恐れ入りますがもう少々お待ちくださいませ! 
      29PARIS.com

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

BLOG RANKING

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

NEW BLOG

Scroll Up