FROM PARIS

やっぱり飽きさせないボンマルシェ2019

今日のパリ1月12日

1月1日からの1週間で太陽が4分しか出ていない⛅という曇り&小雨続きのパリです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

日本の天気はいかがでしょうか。

さて、エルメスソルドを終えて次は街を見てみようと巡回してきました。

去年大分可愛いネックレスを見つけたCHANELへ。

(19番地ブティックが完成したと思ったら、31番地奥もまたこのように工事してますからね!

RUE CAMBONカンボン通りはもはやすべてCHANELの「息のかかった」物件ではないでしょうか)

え、、、、っと。こちらCHANELの靴のセールコーナーでございます。

これでも種類豊富に出ていた39などの大き目サイズコーナー。

試着したいと手が伸びる靴が1足もありませんでした。

そしてアクセサリーコーナーはネックレスも指輪もブローチもいいのがなく、

ベルトもいらないのばっかり、そしてストールも全然(泣)

【CHANEL】全店廻ってソルドの感想2019

靴;やっぱりモンテーニュが在庫、種類とも1位。なかなか負けてないのがプランタン

アクセサリー;どこもどんぐりの背比べ状態で代わり映えなし。若干多いかなは42番地モンテーニュ

プレタ;カンボン本店かな。

【注】42番地モンテーニュの靴コーナー及び19番地カンボンはソルドをしていません。お向かいの51番地モンテーニュと19番地並びの31番地カンボン本店へ。

そして、デパートCHANEL最後のボンマルシェへ。

本当に毎回やる気のないCHANEL靴ボンマルシェ。ですので、いつも一番最後の後回し。

体力が残ってたらいってもいいかな、程度のレベル。

CHANEL靴ボンマルシェ

期待を裏切らない、なさっぷりでソルドを1秒で見終わって新作ばかり見ておりました。

さて、早々にCHANELを後にして店内を落ち着いてみると、

なにやら頭上にこんなものが!

ポルトガル人アーティストJOANA VASCONCELOS(ジョアンナ・ヴァスコンセロス)の作品です。

最近ポルトガル人アーティスト注目ですね~

リスボン在住のアーティスト。2005年に発表した25000個のタンポンを豪華シャンデリア

に見立てて作った「La Fiancée」という作品で注目を集めました。

lejournaldesarts.fr

また2008年に始まったヴェルサイユ宮での現代アート展示において第8回目にして

初の女性アーティストとして招かれこれらの作品が展示されました。

lefigaro

そんなJOANA VASCONCELOS(ジョアンナ・ヴァスコンセロス)さんの手による

陶芸、刺繍、鉄細工などの日常的な工芸品、応用芸術、

ポルトガルの文化を持って作られた巨大な作品です。

lebonmarche

遠目から眺めるのはもちろん、こんな風にエスカレーターに乗って間近から見ても楽しいです。

展示は2月17日まで

【動画】

地上階のソルドコーナーは散乱するクロエに、

からまり過ぎて全く取れない謎のアクセサリー

ソルド疲れで幻覚が見えたと思った不明の靴ブランド。ただただ怖い。

と、2019年も飽きさせないボンマルシェでございました。

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

BLOG RANKING

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

NEW BLOG

Scroll Up