FROM PARIS

【空き巣】安全は買うものです! in PARIS

今日のパリ1月7日

ちょうどこのブログを書いている時にyahooニュース(パリでも見てるヤフージャパン)で

旅行中に空き巣が入って3000万円相当を盗まれたという事件を見ました。

日本にいた時は「空き巣」は映画「ホームアローン」の世界だったり、

amazon

どこかのとんでもないお金持ちの家の話だったりと、

大分遠いものでしたが、パリでは「身近」な話でございます。

こちらは保険やの公告

空き巣保険=1日に1000件発生しています!=

空き巣(Cambriolageカンブリオラージュと言います)

1日に1000件と聞いてやはり驚きますが、

私も身近でたくさん空き巣の話を聞いておりますので1000件と言えれても納得する数です。

最近もまた友人から空き巣被害の話を聞きましたので、最近聞いた「身近な!」空き巣被害の一例を

今日はご紹介します。

①日本へ(完全)帰国する前日に空き巣に入られた!

→帰国直前で綺麗に掃除してスーツケースにパッキングも終わっていたところ、

ちょっと家を開けて戻ってみると「?」私さっきスーツケースに荷物詰めたよね?!

と、綺麗にパッキングしたスーツケースから物がすべて出され、部屋はあらされお財布はもちろんのこと、

(パスポートはどうだったかわすれてしまいました)PC等(犯人が売れそうな)電子機器はすべて

盗まれてしまったそうです。

※現場の写真を見せてもらいました!本当にテレビの空き巣被害の跡のそのものでございました。

②Strasbourg saint denisストラズブールサンドニ駅

という治安がお世辞にもいいとは言えない地域ですが

ここに母一人、子一人で生活する友人。

彼女が仕事から帰ってくると入り口の鍵が壊されており、、、

その後の悪い予感は的中し、空き巣に入られ①とおなじように

PC機器やアクセサリー、現金、お財布等盗まれてしまいました。

「見て、ブレスレットもネックレスもしてないの。全部盗まれたの!」

そしてなんと彼女はアパルトマンの入り口付近が移った防犯ビデオの様子を見せてくれました!

手ぶらで入っていく男性2人組。数分後の彼らの手にはスーパーの袋が見え、、、

その中には彼女のものがぎゅうぎゅうに入っていたんです!

彼女は上下に2つある鍵のひとつをたまたま閉めないで出て行ったかもと。

そして、犯人はきっと全部の部屋をノックし声をかけて誰もいないと判断したところに入ったのだろうと。

③パリ郊外の某高級病院。

ここで全身麻酔の検査(だったか手術だったか)をしており、

病室に戻ってみると身の回りの物が盗まれていた!

ひどい話です。。。みなが良く知る高級病院でしたので、まさかあそこでそんなことがあるなんて、と。

④旦那さんからの誕生日プレゼントは家族ニューヨーク旅行!

ニューヨークで楽しんでいると、彼女の友人から電話が。

「あんたの家空き巣に入られてる!」と。

せっかくのニューヨーク旅行中に。。。神様は何をしているんでしょうか。。。

パリに戻る飛行機ではどんな気持ちだったか考えると、とても悲痛です。

詳細を思い出せるのはこのくらいですが、私個人でも4.5件の被害。

パリ市民に換算したらやはり1日1000件の数は驚く数ではありませんね!

安全神話の日本から一歩離れると

本当に安全はお金で買うものだと感じます(例えば少し地価が高くでも治安のいいところに住むとか)。

お金は盗まれても取り戻すことはできないが、たった一つの命はお金では買えられないと改めて。

ちょっとそこまで、でもパリでは鍵は厳重に

いつどこで誰が見ているか観察しているかわからないので、

貴重品を購入した場合ブランド名が見えない袋で帰宅する

などなど日々気を付ける癖をつけないといけません。

新年早々物騒な話ですが、お正月明けのポヤポヤした気持ちを引き締めて行きましょう!

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up