FROM PARIS

【注意&重要】EUに来る場合書類が必要になります

29パリblog04012019-2

今日のパリ1月5日

行く手を阻むようなRERの工事の様子。

さて、ヨーロッパに住んでいると知らないうちに国境を超えてたなんてこともあります。

そんなワールドワイドの時代にちょっと面倒くさいお手続がひとつ増えるようです。

ETIAS エティアス

アメリカへ行ったことがある方にはヨーロッパ版ESTA(エスタ)と言ったら簡単でしょうか。

=ヨーロッパ渡航の際に必要になる事前にオンライン渡航認証システム=

正式名称は

『ヨーロッパ(欧州)旅行情報認証システム』(European Travel Information and Authorisation System =ETIAS/)

2020年より、日本を含むビザが免除されている59ヶ国の国籍者が、EU(ドイツ、イタリア、フランスなど)内26ヶ国に訪問する場合、事前にこの認証システムに登録が必要になります。

必要情報を入力後、各国のデータや欧州警察機構などのデータと照合して、問題がなければ渡航許可が得られます。ETIASの取得は出国の96時間から最大2週間前までに取るように推奨されています。

【ETIAS必要国】 アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、リヒテンシュタイン

料金;5ユーロ 

有効期限;5年間(アメリカESTAは2年期限ですがこちらは5年ですので長いですね!)

こちらのサイトに詳しく書いてあります;https://www.tabigashitaijinsei.com/entry/etias

このお手続を忘れた場合、ふつーーーーに入国できません!ので要注意です。

※オンライン環境がない方はどうするんでしょうか?旅行会社とかが代行してくれるんでしょうか?

世界一強いパスポートと言われる「日本国」のパスポートでも今後はヨーロッパへ入る時に

ひとつお手続が増えますね。面倒くさいですね!

2020年なんてまだ先だねーと思っておりましたが、もはや来年でございます。

みなさまどうぞご注意を!!

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up