FROM PARIS

ラムを飲みながら語る男

今日のパリ12月29日

世の噂で

「フランス人はなんでも自分で直してしまう」

「フランス人は何でも自分で作ってしまう」

と言われますが、やっぱりというエピソード。

先日友人から「ゴマージュに良い手作り石鹸」だよ、

と薄いグリーンの綺麗な色に粒々の顆粒状のものが入った石鹸を2つもらいました。

私はもとから体や顔を洗うのにアレッポ石鹸を使っていて

ボディーソープより石鹸派でしたので、ちょっと嬉しいプレゼント。

早速使ってみたら泡立ちが良いわ、洗いあがりすっきりしっとりだわ、ソフトゴマージュ効果でツルツル

良い事尽くしでございました。

ということで、友人Ronanくん(以下R)に「何この石鹸は?!!!」と突撃してみました。

(石鹸のナチュラルさとはちょっと遠い(笑)渋いラムを飲みながら語るRonanくん)

29「なんで石鹸作りに興味を持ったの?」

R「まず、職場の友人に石鹸を作っている人がいてそれを見たのが最初のきっかけ。

そして、例えば服が破けれたりすれば自分ではできないのでお直しやさんにだすよね。

そうじゃなくて、自分で作ればすべて自分で管理できるよね、

自分で中に何が入っているかわかるのはいいことだ、と思ったのがきっかけかな。

石鹸作りもフランス人の好きなDIYだね」

29「この前の粒々の入った石鹸はとっても良かったけど、あの粒々は?」

R「PAVOT(芥子の実)だよ、ゴマージュにとってもいいんだ」

29「香りは?」

R「イランイランが入ってる。そう、石鹸の香りも香水のようにトップノート、ミドルノート、ベースノートと

できるんだよ。他に美肌に効果的なアルガンオイルや、アプリコットパウダーを使った石鹸も作ってみたいんだ」

29「石鹸の他にも、例えばシャンプーなんかも作れる?」

R「もちろん!ネットでもパリのブティックでも材料が手に入るからね」

29「カスタマイズのように、ゴマージュや保湿を目的にした石鹸や、香りの調整もできる?」

R「自分で作るからカスタマイズのようにどうにでも出来るよ」

29「石鹸をつくるのにどのくらいの時間がかかるの?」

R「作業としては30分くらいだけど、その後乾燥させるのに1ヶ月かかるんだ」

29「1ヶ月?!!長いねーー」

R「石鹸ひとつ安いけど、作るのにはすごい時間がかかるよ。

材料も結構かかって1キロの石鹸を作る時エッセンシャルオイルは10mlは使ってる」

29「手作り石鹸のメリットを3つ挙げるとしたら」

R「①お肌に優しい ②オリジナル ③安心」

29「29PARISの読者さんに試供品のプレゼントがあったら嬉しいね♪」

R「いいね!ただし作るまで1ヶ月かかるからね!(笑)」

ということでみなさん1か月後に期待です!

よくしゃべった後のラムはうまい!と。

※せっかくの石鹸の写真がないのは、もう手持ち在庫がないから!

私も2つもらったのを気に入ってあっという間に使ってしまいました。

この前マルセイユから買ってきた石鹸よりお気にいりです!まず泡立ちが全然違う!

個人的には私にとって「手作り」は縁遠いもので、「買ったほうが早いんじゃない?」と思ってしまう

面倒くさがりですので、いかんですね!

これだけ物や情報が溢れる世の中ですので、中に何が入っているか、情報の真偽はいかに、

と自分が確信できるものを選択していかないとならないですね。

御用納めも終わって、いよいよ2018年も終わりと感じている方も多いころでしょうか。

パリはまだクリスマスツリーは飾ってありますし、ブッシュドノエルも売ってます♪(笑)

一方、家の中は先日お客様から頂いた鏡餅のお陰てお正月の気分が盛り上がっております。

À demain


★応援ありがとうございます!ランキング参加しております★

ポチっとクリックありがとうございます→

ポチっとクリックありがとうございます→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up