BLOG

黄色のベストがパリを席捲する11月のパリ

今日のパリ11月28日

ネットで頼んだ新しい名刺がまだ届きません。

「黄色のベスト」のストライキのせいだそうです。
カスタマイズできるパリ旅
パリに今滞在している日本人観光客の方はニュースで
「ジレ・ジョンヌ」という単語が頻回に出てくるのでなんのことかと
思っていらっしゃる方もいるかと思います。

«Gilets jaunes»
フランス語で;Gilets ベスト Jaune 黄色
という意味です。
マクロン大統領の燃料への増税措置を受け
ガソリンが高騰したことに対するデモ運動
日に日に激しさを増して、11月24日の土曜日はシャンゼリゼにデモ隊が集結して
大変な騒ぎになりました。
もちろんのこと近づきませんし、
メトロも封鎖されているので近づくことはないのですが、ニュースでは
1日中«Gilets jaunes»の単語が駆け巡っておりました。
francinfo
その翌日。シャンゼリゼ近辺に用事があり、

モンテーニュ通りにさしかかったとき、
「え?!何これサンローラン!!」
「昨日のGilets jaunesのせい?」

 「え?!こっちもあっちもだし、
サンローランの演出じゃない?」

と、モードなサンローランのデザインかと一瞬思ってしまうほど、
モンテーニュ通りのサンローランのガラスはすべてこのように割られておりました!!
お隣り、FENDIも。

 CHANELも!

いったい修理にどのくらいかかるのでしょうか。。。
今日LOUIS VUITTONのいつも担当してくれるおばちゃんに、
29「土曜日は大丈夫でしたか?」
LV「早く帰るようになったので大丈夫でしたよー」
シャンゼリゼはそこにブティックがあるだけで宣伝効果ですが、
デメリットはこういった騒動の時は
パリのシンボルの場所なので常に集結の場として設定されます。
以前はシャンゼリゼLOUIS VUITTONの店内にいたら、
「サッカーワールドカップの凱旋パレートで15時に閉店します。」と。
通常20時までの営業時間ですので15時に閉店したら、
5時間も営業時間を損することになります。
毎日相当な売り上げのあるLOUIS VUITTONでしょうから、
5時間(しかも週末の)ではいったいいくらの売り上げが見込めたのでしょうか。
と素人ながら色々と考えを張り巡らせておりました。
激しいパリの11月が終わろうとしています。
モンテーニュのDIORはこんなに綺麗なイルミネーションが完成しました。
(もちろんのこと例年通りエルメスはまだまだです)
12月を目の前にして、いよいよ年末感がでてきた29PARISです。
À demain
————————————————————————————-
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
———————————————————————————–

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

NEW BLOG

Scroll Up