FROM PARIS

美味い美味い、こりゃ美味い!

今日のパリ8月26日

2017年パリオペラのMONOPRIXの裏手にオープンした
福井の越前そば 東郷
お友達から美味しいと噂を聞いていて是非行ってみたいと思っていたお店。
越前そば 東郷
31 Rue Saint-Roch 75001 Paris
オペラ通りのモノプリの裏手です。

【営業時間】
月―金 12時~14時30分 19時~22時30分
土曜 12時~14時30分 19時30分~22時30分 
定休日 日曜
★行ってきました!
めっちゃ美味しい!
びっくり!
安いとはいいませんが、高くない!

パリの某有名うどんは20€程度するので、
こちらのメニューを拝見してなんだかびっくり。
ハーフどんぶりとそばのセットでも16ユーロと嬉しい値段。
なかなかのボリュームですが、パリジェンヌも完食しておりました。
facebook より
この日はこちらの茄子と梅のそばと迷いましたが、
facebook より
パリでなかなか食べられないとろろそばを注文。

 あまりの美味しさに無言で食べて即完食。(個人的にわさびはいらなかったかな)

友人がオーダーしたセットのからあげ丼を一口頂戴とねだって食べてみたら、

facebook より

これまた絶品でびっくりしました。おすすめ。
そう広くない店内ですが、清潔感があって(トイレは残念っ)綺麗なお店。
お店の詳細をしらべてみると、(こちらの記事参考)
福井の繊維商社の東郷商店が開いたお店のようです。
4年がかりで開店にこぎ着け、(開店までの苦労話はフランスあるあるですね!)
福井県産のそば粉、地酒、越前焼を使うなど“オール福井”にこだわり。
東郷商店は婦人衣料向け生地を企画製造する。
内需の停滞を受け、産元商社としては全国に先駆けて海外市場に打って出た。
現在では海外向けが売上高の5割を占め、欧州のトップブランドなどに販売している。 
同社が商談などでよく訪れるパリには、
福井の代表的な食である「越前おろしそば」を出す店がなく、
取引先の日本企業の駐在員らからもニーズがあったことから、
「リーズナブルで本物にこだわった店をつくりたい」(東郷社長)と決断し、
準備を進めてきた。をオープンさせた。
東郷社長によると、パリでは日本食ブームに伴い飲食関係の物件が高騰。
さらに飲食店新設の法規制が厳しく、建物が古いため
臭いの対策や近隣住民との交渉などにも時間を要し、開業は大幅に遅れたという。
構想から4年を経て「越前そば東郷」をオープンさせた。
以前ご紹介した
55 Boulevard des Batignolles, 75008 Paris
はじめ、パリで日本のその辺で食べる以上の美味しさの料理が食べられて
嬉しい限りです。
パリで日本食が恋しくなったら、中心部ですし、おすすめのおそばやさんです。
À demain
————————————————————————————-
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
————————————————————————————
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up