FROM PARIS

MONOPRIXでウェディング?!

今日のパリ4月5日

晴れ渡ったニースの海と空

こちらパリは晴れたり雨が降ったりの1日でした。

待ち合わせにさっそうと登場した友人の友人(お金持ちと予想のメンズ40歳くらい?)。
ジャケットを雨に濡らして、サングラスを頭にかけて登場し、
「雨に濡れましたね」
Côte d’Azurコートダジュールにいて、傘もってなくて

コートダジュールにいて”って初めて聞きましたけど!
(※コートダジュール;ニース、モナコ、カンヌなどの海岸線地域一帯)

例えばニースにいてとか、モナコにいて、とかは素直に受け入れられますが、

Côte d’Azurコートダジュールって漠然とし過ぎでいったいどこよ?と
クスっと笑ってしまいました。
お金持ちの会話は私にはまだまだレベルが高いでございます(笑)


海男風ジャケットにサングラスを頭に掛けたスタイルが随分しっくりきていたので、
ヨットにでも乗っていたのかもしれません(予想)
パリにはとんでもない世界レベルのお金持ちが存在しているので度々驚かされます。



さて、そんな世界レベルのお金持ちも行くであろうパリ市民の味方。
ただいま、何がおこったのかパンオショコラの脇で
ウェディングドレスを売っております!!
店内の一画が真っ白に!
なんじゃこりゃ?!と驚きですが。。。
何が起こったかといいいますと、
コラボ相手がオートクチュールデザイナーのこちらの方というわけでございました。
【アレクシ・マビーユ】
1976年、フランス・リヨンに生まれ。ジョン・ガリアーノ体制のクリスチャン・ディオールで9年間ジュエリーラインのデザインを手がける。
その後、イヴ・サンローランやランコムで経験を積む。
2005年、自身の名を冠した「アレクシ・マビーユ」をスタート。
2008年以来、パリのオートクチュール・ファッション・ウイークで
クチュールコレクションを発表している。
2012年、パリに初の直営路面店をオープン。
2014年、アッシュ・ペー・フランス・ビジューとコラボレートし、
同ショップのブライダル向けのオリジナルドレスを発表。
2015年、フランス文化省フルール・ペルラン文化・通信大臣より
芸術文化勲章シュヴァリエを授与される。
(VOGUE)
私は良く知らないデザイナーですが、オートクチュールにパッションがあるようで、
このようなドレッシーなラインナップになっています。
ドレス280euros                                ドレス 150euros
ジャケット110euros                                パンツ 90euros

 店頭で触ってみましたが、テクスチャーはあまりよくありませんでした。

MONOPRIXにとっては違和感でしかないし、
デザイナーにとってはせっかくのシルエットに素材の質が微妙の出来だし、
どちらにとっても微妙な。。最近では最大の失敗コラボ😲ではないかと思いますが、
みなさんはどうでしょうか?

パリのブティックで私が一番気を付けていることは”店頭商品の質”。
特にも白いお洋服は、誰かが試着した時にファンデーションがついて
そのまま店頭に並んでいることが普通ですので、
白を買うときは十分に細かいところまで見て気を付けています。
CHANELやHERMESのプレタではまぁ大丈夫ですが、
Louis Vuittonでは店頭商品がすでに汚れているのを目撃したことがありますし。
ZARAなどでは、目が点になるほどの状況です。
尚更MONOPRIXのスーパーでは、きっと汚れるのが時間の問題でしょう

残念ながら私は手が伸びなかったです。
これから果たしてこれから売れていくのか?!
パリで結婚式がブームの中国人チームに売れるのか?!
遠目から観察してみます。
ユニクロ×マリメッコはパリでも販売中。反響はどうかな?でまた明日。
À demain 
————————————————————————————-
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援あ。りがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
————————————————————————————
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

BLOG RANKING

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

NEW BLOG

Scroll Up