FROM PARIS

チャイナ化するフランスの今

今日のパリ2月28日

一瞬だけ晴れ間がちらっと見えた凱旋門
しかし、今週はまたもや雪がちらつく極寒のパリです。


またか!と思われる話題かもしれませんが・・・・

【中国勢 in パリ】

中国と香港の企業がフランスで立ち上げた投資ファンドに
Casil Europe
という会社があります。

なんとこの会社が
フランス南部トゥールーズ空港の株式の過半数を取得する寸前の事件が。

le figaro
トゥールーズ空港が危なく中国になるところでしたっ!

かつて、2015年にトゥールーズにある
トゥールーズ=ブラニャック空港会社の株49.9%を国が中国企業にすでに売却。
その時点で、残りの10.01%も3年後の売却予定となっていましたが、
その3年後2018年がやってきたということです。
しかし、地元団体からの首相への要請等でフランス政府は
この10.01%を中国へ売却しないつもりはないと宣言。
参考:Aéroport de Toulouse: l’Etat renonce à céder 10% du capital au Chinois Casil
(Le Figaro)

今のところ、トゥールーズ空港はチャイナ化ならずに済みましたが、
フランスには確実にチャイナ化の波が押し寄せております。

私の大好きボルドーワインのボルドー地方では、
中国の投資家が続々と有名ワイナリーを買収し中国で受ける名前に改名したり、
フランスの地方の大学では増える中国人留学生のために、
フランス人学生が大学の席がなくなったり、
フランス地方の菱形が特徴の伝統菓子「カリソン」

フランス語では
Calisson(d’Aix) カリソン(デクス)
と書きますが、
中国浙江省の企業家・葉春林氏が自社製菓子に
Kalisong カリソン
と言う名前で商標権を申請し2026年までの商標権を得ました。
が、
これを受けてフランス・Calisson d’Aixのメーカー連合会(UFCA)は
もちろん商標登録の取り消しを申請。
対して 中国商標局は、
「Calisson d’Aixはフランスの(文化)遺産の一種で、先使用権が認められる」
「(葉氏の)Kalisongは、Calisson d’Aixと明確な違いがないため、
消費者が原産地を誤解する可能性が高い」として、フランス側の請求を全面的に認めた。
(大紀元)
これを受けてフランス企業は、うちも商標登録をされちゃたまったもんじゃない!と、
コンテチーズやロックフォール、生ハムのプロシュット・ディ・パルマのほか、
45種類のボトルワインなどが中国で商標登録したそうです。

以前ドバイに行った際、中国企業のマンションが続々と
建設中でびっくりした思い出があります。

経済成長はなにも悪いことではありませんが、
空港を買おうとしたり、
歴史あるシャトーの名前を変えてみたり、
他国の伝統菓子の名前をちゃっかり拝借してみようとしたり、
動きがびっくりするのでフランスのチャイナ化の動きから目が離せません。

あれ、2月が終わる!で、また明日。
À demain

————————————————————————————-
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援あ。りがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
————————————————————————————
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up