BLOG

魔の火曜と木曜日?

今日のパリ12月12日

今日のエッフェル塔  メトロ6番線より
着々と2017年も終わりに近づいていますね。



パリの公共交通機関は
もちろんのメトロやバス、トラム(路面電車)、
そして郊外へ行くRER線があります。

定期NAVIGOで全種類の公共交通機関さらにゾーンフリーで乗れますし、
空港まで日常の定期で行けます。
毎年値段が上がる定期代は目をつぶるとして、パリ生活になくてはならない存在です。

しかし、便利な公共交通機関でも特にRER郊外線は遅延やトラブルで
日々時間が読めないのが難点。
さらに、グレーヴ(ストライキ)が日常茶飯事なので、
空港へRER B線を利用して行く場合は皆さまグレーヴチェックも必要です。


そんなグレーヴ(ストライキ)が今日12月12日火曜日RER A線とB線で実行されました。

Le Parisien

電車の本数が減らされたりで、始発から大混雑だったようです。
多国籍の人種が集まるパリでこんな混雑は悲劇
できれば遭遇したくないと願います。
今朝のニュースでは「予定では2分の1の列車の本数でしたが、実際は3分の1の本数で
予定より悪い状況で20分待ちです。仕事に送れますね。」とレポーターのお姉さん。

そしてLe Parisienに面白い内容が掲載されていました。
9月以来実行されたグレーヴ(ストライキ)すべて火曜か木曜だったとのこと。

~なんでグレーヴ(ストライキ)は火曜か木曜日なのか?
ブルゴーニュ大学の政治学Dominique Andolfatto氏がこんな見解を。

月曜みんな職場に戻らない(?意味がよくわかりません)

水曜子供の世話をしなければならない(幼稚園と小学校は水曜休み)

金曜すでに週末の気分

土日歴史的に休息日

という理由で消去法的に火曜日と木曜日がグレーヴ(ストライキ)
の実行日となる傾向だそうです。

レポーターのお姉さんがさらっと「今日は仕事に送れますね」なんて言ったり、
大学の先生があっさりした見解を述べたり
やっぱりフンラスはなかなか面白いところです。

空港へRER線で行かれる皆様、火曜日と木曜日は要チェック日とミニ知識でした。

シャルルドゴール空港から日差しを求めて暖かいところへ行きたい誘惑で
また明日!
À demain
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
-------------------------------------------------------------------------------------
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

NEW BLOG

Scroll Up