BLOG

パリ散歩で見つけたインスタ映えする通り

今日のパリ7月14日
パリ=花の都
~たいへん華やかで栄えている都市を例えた表現~
ですが、その文字通り「花」が良く似合う都でもあります。




先日“こだわり”について書きましたら、

「そういえばさぁ、フランス人の男の人って
ベランダのデコレーションや家の花木にこだわるよね~」


と言う声が多数聞かれました。
ふむふむ!確かに!
私のアパルトマン下階のゲイカップルのベランダは
それはそれは綺麗にデコレーションされています。
冬はきちんと防寒対策をして、愛情たっぷりに育てています。
フランス人メンズ宅では
生花でなくとも、ハーブを育てたり、なにかと植物の世話をしております。
言われてみれば、パリではフラワーアーティストに男性も多いですね!

さて、あまりメジャーではない14区で
とあるお店を探していたのでキョロキョロしていたんです。

で、ふと顔を向けた通りが緑が生い茂りとっても素敵な通りでした!
~Rue des Thermopyles テルモピル通り
この写真はいつもパリですが・・・
この奥がなんとこのようになっております!




ちょうど雨上がりだったので、緑が綺麗に見えてインスタ映えする通りです。
ここでもフランス人ムッシュが植木の世話をしております。
こんな景色でしたので、探していたお店はどうでもよくなって
まず通ってみようと、吸い込まれるように来ました!

280mの短い通りに、4階建てくらいの背の低いアパルトマンが
どこのお宅も緑あふれて可愛いく並んでいます♪


1924年以前は「Impassage des Plantes 植物の袋小路」
と呼ばれていたこの道。
約100年経った今でもその名残を残しているかのようです。

※パリの道の名前の由来を調べるにはこのサイト
(「パリの歴史発見!こんなパリの見方も楽しい!」)

さっきまで自分が車が往来する排気ガスの通りにいたとは思えない静寂と美しさ。
 
なんだか四季を追って来てみたい通りです。

可愛い道にはネコがいるというジンクス


いつもはスリに気を付けてキョロキョロと街を歩いておりますが、
たまにはこんなメリットもありますね。
面積的に小さいパリだと思っていましたが、まだまだ知らないパリです!

場所はモンパルナスからそう遠くないのですが、
13番線のPrenety が最寄りの駅です。


【ご注意】280mずっと石畳ですので、ヒールで行くとヒールが死にます・・・


パリは7月14日は革命記念日の祝日。
エマニュエル・マクロン大統領就任後大きなイベントである
シャンゼリゼの軍事パレードが行われます。
トランプ大統領も来るとあって、そうそうたる警備です~!
みなさま、また明日!
À demain
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
-------------------------------------------------------------------------------------
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

NEW BLOG

Scroll Up