BLOG

え?!7月14日は話題の人がパリに集結・・・!!

今日のパリ6月30日
madame figaro
「マクロン、犬を飼う」
みなさん、マクロンについて忘れていませんでしょうか(笑)
まだまだ話題盛りだくさんです!

自宅から大統領官邸エリゼ宮に住まいを移したマクロン大統領とブリジット夫人。
エリゼ宮の伝統と言いますか犬を飼うことがと常なっていて、
マクロン大統領ももうじき犬を迎え入れるそうです。
どんな犬がマクロンの元にやってくるのか楽しみです。
[image]
Twitter Paul Larrouturou @PaulLarrouturou



=Bienvenus Paris~ようこそ、パリへ~=

【PARIS-ZIN Interviews】でも様々なパリ人の皆さんにお話しを伺ってきましたが、
それぞれがそれぞれの理由でパリにいらしています。

フランスで3か月以上滞在するには、何かしらのビザ=滞在許可が必要になり、
学生だったり、ビジターだったり、ジャーナリスト、研究者
意外に多種多様な種類があります。

先日トランプ大統領がパリ協定から脱退したことを受けて、
マクロン大統領はフランスに有能な人材集めよう!と動き出しておりましたが、
(参考ブログマクロンマニアだぜ!)今回、こんな動きがありました!

=FRENCH TECH VISAフレンチテックビザ開始=
詳細;http://visa.lafrenchtech.com/
【詳細】
実はフランスはスタートアップに力を入れている国
ヨーロッパ最大のスタートアップ推進国であり、
ベンチャーキャピタル投資は2014年から2015年に倍増し
(2014年10億ドル、2015年20億ドル、2016年24億ドル)
過去5年間でヨーロッパ最大の急成長国です。
また、フランス国民の18歳~29歳のうち、60%が自分の会社を作りたいと希望

この観点で海外から有能な人材を招致するため、
スタートアップ企業の創業者や従業員、及びその家族をサポートするビザ
FRENCH TECH VISAフレンチテックビザを開始しました。
◆種類;①スタートアップの創業者 / ② ①に伴う従業員 /
③  ①への投資家(300000ユーロ(約3700万円~)などの条件)
◆期間;4年間

フランスは様々なお手続きが遅々として進まない国。
そんななか、企業を起こして安定、成長させるのに
4年間と言う期間はいささか短いと思うんですが、
このビザは更新はできるんでしょうか?!

細々とした疑問はあるものの、何よりフランスが成長するために
外国人を受け入れる新しい入口が出来たことは何よりです!
みなさん、ようこそパリへ!!

LE MONDE.FR


結局最後に、記事のタイトルに辿りついたことになりますが、
マクロン大統領は毎年大統領の行進がある7月14日革命記念日に、
なんと!トランプ大統領とメラニア夫人を招待!!!
えーーーーーー!!!
マクロン新大統領就任後初の革命記念日ということで、
それだけでもすごい人が来るんだろうな~家に籠っていようかな~
と思っておりましたが、
ーマクロン大統領とブリジット夫人
ートランプ大統領とメラニア夫人、
(歳の差が24歳と同じ夫婦なので、夫人を取り換えろ!と皮肉っている記事も見かけました)
世界の話題の4人がパリに集合することになります!!
(BFMTV)


そして、7月14日は毎年23時頃からエッフェル塔で花火が上がる予定です。
花火見学スポットの前年の参考記事はこちらから ⇒「7月14日の花火はここで見る」


は~、すごい人になりそうですね!
コンコルド広場ではすでに用意が始まっています。
皆さま、びっくりしてまた明日。
À demain
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
-------------------------------------------------------------------------------------
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

NEW BLOG

Scroll Up