BLOG

出会い系サイト登録への意識について

今日のパリ6月24日
le monde fr
6月中旬から後半にかけて、仏版センター試験の「Bacバック」が行われていました。
フランスの求人にはこのBacバックを基準に
Bac+3 学士、Bac+4修士、 Bac+5博士 などと示されます。

毎年話題になるのは、この青年のように頭を抱える哲学の問題。
なんと4時間もかけて問題に挑みます。
日本語に訳すのさえ私には高レベルなので、とりあえずひとつの例

Sujet 2 : Une oeuvre d’art est-elle nécessairement belle ?
アート作品は必ず美しくあるべきか?

⇒美の観点は個人的に異なるので、美しくある「べき」とは言えない。
そもそも「Une oeuvre d’art 」アート作品とは何かをまず考えなければならない。

なーーーんて、こんなことをグダグダと4時間かけて文章にまとめるようです。
しかもBacバックを受験するのですから、18歳がこういった問題に取り組みます。

日本人にとってはとてもハードルの高い哲学。
日本人とフランス人と哲学への向かい方の意識の違いを感じます。



さて、「意識の違い」と言えば先日フランス人の友人と話していて
意識の違いにとっても驚いたことがあります!

テーマ~♥出会い系サイト♥への登録の意識について~

日本で「相席屋」なるものが存在すると知りました。
これもいわゆる“出会い系”のカテゴリーに入れていいのでしょうか。
2017年は「相席屋」で出会った二人が結婚まで至って、
ー馴れ初めは?
の質問に
ー相席屋で運命の出会いをしたんです~!
と素直に隠すことなく答える意識のところまであるのでしょうか。

また、フランスに滞在する日本人のコミュニティーに
「在仏日本人会」というものがあります。
最近とある相談事がありまして入会に至ったのですが、
その会報といいますが、お知らせにこんなものが、

「いつもと違うこの木曜日のプティット・ソワレにお越しください」
参加対象:30~50歳代 独身男女
パリやフランス滞在で日本人同士の学生でもなくのこの年代の独身の男女が
出会う機会は本当に少ないと思います。いわゆるこれも一種の出会い系ソワレ。


こちらパリのメトロでは本当に色々な種類の出会い系サイトの広告を見かけます。
一応リンク張ります😉

①一般的なもの
例;meetic

②ゲイ専門
例;ziipr


③既婚者
例;Ashley Madison


④女性主導


⑤エリート専門


⑥BIO愛好家専門
⇒コアすぎ・・・


⑥ここでは書けないハード系
例;一夜限りの相手を探すCasual Dating
⇒病気が怖い・・・

フランスでは3人に1人が出会い系で交際相手と出会っているそうで、
最大大手①のmeeticに至ってはすでに数十万人を超える登録者数だそう。

フランスでは出会い系への登録はそれだけ、“普通”のことのようです。
自分が出会い系に登録していることを
特に隠すこともなくフランクにと言いますか、
「私、登録してるわよ~♪」と随分軽い感じで
美容院やエステに行ってるわ~♪と同等のレベル
でとらえて公言するようです。

数年前の日本では会い系での出会いと言えば、
目を細めるものでしたので、この意識の違いにとても驚きました。

現在の日本では意識はどう変わってきているのでしょうか。
フランスのようにフランクに変わってきているのでしょうか。

カップル社会と言われるフランスですが、
それはアムールの国のイメージを継続する為の表面的なことで、
実際は独身や恋愛相手を探し中の人も随分多いのが実態ではないかと感じます。

と、今日はメトロで②のゲイ専門の出会い系の広告を見て友人を話した話題でした。

皆さまよい出会いとよい週末を!
Bon weekend
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
-------------------------------------------------------------------------------------
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

NEW BLOG

Scroll Up