FROM PARIS

【解明】ブリジット・ファーストレディーがルイ・ヴイトンを着る理由

今日のパリ5月31日

あれ、知らないうちに5月が終わろうとしています。
6月を前にパリのお花屋さんには紫陽花が溢れています。

さて、今月フランス史上最も若い新大統領が誕生して約2週間が経ちました。

facebook
日本でこれだけフランスの大統領について報道されたことはあったでしょうか。

以前元サルコジ大統領の妻が
元スーパーモデルで歌手でもあるカーラ・ブルーニであったり、

Wikimedia Commons
オーランドが不倫相手のが不倫相手のガイヤさんへクロワッサンを届けると言った

CBC.ca
右から事実婚だったヴァレリーさんとオーランド元大統領と当時不倫相手のガイヤさん

週刊誌的な観点の話題は
やや報道された記憶ですが、当時とは比べ物にならない報道のされようですね。

日本の興味の焦点はもちろん
マクロン大統領と妻ブリジットさんとの馴れ初めや年齢差婚について。
日本ではスキャンダラスな馴れ初めですが、
こちらフランスではシャーリーエブド誌でこんな風刺画を描かれたりしても、
話題はもっぱら彼の政治手腕と6月11日の議会選挙に集中しております。


マクロン大統領就任後は続々と各国の首脳と対面。
◆プーチンと

france24

◆ブロマンスと言われてしまっているカナダのジャスティン首相と。
(※ブロマンスwikipedia※)

Mashable

◆話題にも上がらない我が日本安倍首相と。

https://fr.sputniknews.com/

◆トランプ大統領と。

マクロン氏はブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で
トランプ大統領を軽くあしらう様子がTwitter上で賑わわせています。(0,40くらい)

住居はパリ7区の高級住宅街からエリゼ宮(大統領官邸)に移り、
妻ブリジットさんにも一室が設けられ新しい生活が始まっているようです。

そのブリジットさんの方で気になる点をひとつ。
週刊詩的な話題を掘り起こすようですが、
ファーストレディー・ブリジットさん御年64歳にして足が綺麗と話題。

photo abaca
・・・と、今日の焦点はそこではなくてファッションです。

ブリジット大統領夫人
重要な場面では毎度Louis Vuittonをお召しのようです。

①5月7日大統領選挙勝利後

Gala
最大の“決め!”の場所にもLouis Vuitton

②5月14日大統領就任式

Gala
ブルーラヴェンダー、ブルーエレクトリック、ブルーアズールなど
様々な色の表現で報道された話題のスーツ

③イタリア タオルミーナG7
 
 http://www.public.fr
ドレスアップする
Dolce & Gabbana$51500(約570万円)のジャケットのメラニア夫人と
昭恵夫人をよそに、フレンチマダムの余裕でカジュアルダウンするブリジットさん(左)
(右)ホワイトのセットアップスーツにブラックのバック。こちらもLouis Vuitton

④ブリュッセル NATO首脳会議

 http://www.public.fr
この時に至ってはロゴがばっちりの
二コラゲスキエールデザインのツイストシリーズ

大統領夫人がありありとブランドがわかるようなお洋服で問題ないのでしょうか、
と素人ながらに思っておりましたら【Le FIGARO.fr madame】の記事に辿りつきました。

【解明】ブリジット・ファーストレディーがルイ・ヴイトンを着る理由
Louis Vuittonをはじめ早々たるブランドを持つ
LVMH CEOのBernard Arnaultベルノ―アルノー氏がマクロン支持だということ。

wikipedia

それもあって、ブリジットさんとLouis Vuittonとの付き合いは古く
マクロンが経済相だった2014-2016年に遡ります。
この頃からブリジットさんは公の場でLouis Vuittonを着ておりました。
実はブリジットさんへのお洋服は提供ではなく
«le service VIP de LVMH»=LVMHのVIPサービスとしてプレゼントで、
さらにはベルノ―アルノー氏の長女で
Louis Vuitton副社長のDelphine Arnault (デルフィーヌ・アルノー)からは
ファションアドバイスを受けているそうです。

さらにこんなこともあります。
ただ今マクロン大統領の出身地であるフランス地方アミアンにある
米家電ワールプールの工場がグローバル化でポーランドに移転することで
従業員が解雇への不安を抱えています。
グローバル化を推進するマクロン大統領と
皮肉にも彼の地元であるアミアンの工場の従業員の間には歪みが生まれている。
現在、François Ruffinフランソワ・ルファンという人物
アミアンに乗り混みマクロンの経済政策から
工場の従業員の待遇を守る活動をしています。

http://www.lesinrocks.com

このFrançois Ruffinフランソワ・ルファンという人物
について実はブログで2回も書いているんですが、(参考;第1回第2回)
「Merci Patron!」に代表される映画監督です。
「Merci Patron!」はフランス版アカデミー賞セザール賞を受賞した作品。
LVMHグループの縫製工場に勤めていた夫妻が工場のポーランド移転で失職。
(ここでもポーランド移転でしたね!)
退職金がもらえず、次の就職先も見つからないまま
その後夫婦は借金に追われ苦しい生活に。
それを知ったFakirという雑誌の編集長兼監督、主演の
François Ruffinフランソワ・ルファン
LVMHグループの株主になって総裁のベルナール・アルノーから
退職金などをせしめるといった、

大企業と労働者の理不尽な関係を描いたドキュメンタリー。


妻がLVMHにお洋服を提供されているさなか、
自分は依然LVMHと戦って勝利を得た人物のターゲットになっているとは。
皮肉な関係が遠からず近からずグルグル回っているような状況です。

来月はお金がたくさん飛んでく用事があって、私もグルグル目が廻っております。
また明日!
À demain
————————————————————————————-
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
————————————————————————————-

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

NEW BLOG

Scroll Up