BLOG

エルメス本店で見つけてしまった“とある物”!

今日のパリ4月27日
静寂の花
美しい

【Collectif Made in France en Transparence】
9 rue Française 75002

100%Made in Franceの作品を作る13のデザイナー、デザインチームが終結した
ショールーム兼ショップに来ています。

オープン;火曜から土曜日 12時ー19時(要予約)
boutiquemifentransparence@gmail.com
facebook ; https://www.facebook.com/madeinfranceentransparence/?fref=ts







こちらはクロード・モネの「睡蓮」から着想を得たテーブル

山に雲がかかった風景をライトにした作品


そして、こちらはフランス人と日本人のハーフの友人の作品です。
izumi

この美しい丸っこいの何だと思われますか???
 
↓↓↓
実は“お塩入れ”なんです!!
izumiさんはお父様がお塩特産のフランスÎle de Ré地方のご出身。
不思議なことに普通に置いてあると塩が落ちて来ないんですが、
ふるとサラサラとお塩が出てくる仕様になっています。

可愛い可愛い欲しい欲しいと切望していたら、なんと!
先日PARIS-ZINでインタビューさせて頂いたPARIS CONNECTION
森本愛さんより頂きました。ありがとうございます!




(前置きが長くなってしまいました)
さて、美しいといえば、
先日友人と「やっぱりHERMESは美しい」談義に花が咲いて
延々と細かい作りについて語ってしまいました。
の、エルメス本店に来ております。
はぁ。。。定価5000-6000ユーロ(60万円~70万円)のバックをみなさん、
さらっとお持ちになってらっしゃる。。。

今日は知り合いのベベちゃんのプレゼントを買いに来ています。


コットン巾着。可愛いピンクに馬が手刺繍で施されています。
これもエルメスの手仕事展で見た職人さんが一針一針作っていると思うと
ありがたく頂戴します!と。

地上階の賑やかな革製品やスカーフコーナーとは打って変わって、
穏やかな2階(フランス式1階)はデコレーションや宝石、靴コーナー。

5000-6000ユーロのバックを買うわけでもないのに、
ご丁寧にエルメスのカップでコーヒーを出して頂きました。すみませぬ。
あえて、エルメスの食器が飾っているテーブルに腰かけて、
あたかも自分の家の豪華食卓のコーヒー「気分」で頂いてきました。

さて、買い物もしたし、コーヒーも飲んだことだし帰りましょう。
「Merci, Au revoir」とドアを開けて頂いてすがすがしく外にでると、

うん!!!これは!!!!

朝の戦いの残骸だな!!!

朝の行列用にちゃっかり椅子を持ってきて、
開店したから外にちょっと置いて店内物色中と思われる!!

毎度毎度ひどくなっているエルメスの開店前の行列。
この頃は8時に並んでも(注エルメスは10時30分オープンです!)、
先頭チームに入れないそうです。
一体全体パリのエルメス本店はどうなっているんでしょうか。。。

パリエルメスについて情報教えて、ショッピング付いてきて!
という方は遠慮なくこちらまで♪ 29paris.com.official@gmail.com

パリの気温もどうなっているんでしょうか。寒い寒い、でまた明日!
À demain
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援ありがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
-------------------------------------------------------------------------------------
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

NEW BLOG

Scroll Up