BLOG

ロダンへの愛に生きた”才能の影”の女性がおりました。

今日のパリ3月31日

Dior 本店
30 Avenue Montaigne, 75008 Paris

本店から少し進んで以前クロエだったところに現在
Dior Pop Up Sotreがオープンしています。
44 avenues Montaigne 75008 Paris
ここには、新デザイナーマリア・グラツィア・キウリMaria Grazia Chiuri
プレタポルテコレクションが並んでいます。
-------------------------------------------------------------------------------------
アンチエイジングの資格
-------------------------------------------------------------------------------------

Diorがいつもコレクションを発表する場として選んでいるのがパリ7区の
【ロダン美術館】
79 Rue de Varenne, 75007 Paris

Spanky Few

最寄りのVARENNE駅はすでにロダン気分を盛り上げています。


さて、2017年はロダンの没後100年ということで、グランパレで
ロダン100年企画展
RODIN. L'EXPOSITION DU CENTENAIRE
が開催中です。(3月22日~7月31日)


ロダンの名は世界で知らない人はいないでしょうが、
ロダンの影に壮絶な人生を歩んだ、こんな女性がおりました。

カミーユ・クローデルCamille Claude


~Wikipedia引用~
1864年~1943年
子供の頃から彫刻に親しみ、卓越した技術と才能を発揮していく。
そしてまた類まれなる美貌をも持っていた。
19歳の時に彫刻家オーギュスト・ロダンの弟子となる。
時にロダン42歳。2人は次第に愛し合うようになるが、
ロダンには内妻ローズがいたため三角関係となる
その関係はその後15年にわたって続いていく。

ロダンとカミーユはお互いの才能に惹かれあい、ロダンはカミーユに
自分の持っている知識のすべてを与えました。
ローズは大きな心の安らぎの存在であり、
カミーユは若さと美貌と才能に満ち溢れた刺激的な存在であったため、
ロダンは2人のどちらかを選ぶことはできなかった。

その中でカミーユは20代後半にロダンの子を妊娠するも中絶し、
多大なショックを受ける。やがて2人の関係は破綻を迎え、
ロダンは妻ローズのもとへ帰っていく。
さらに世間からは作品はロダンの模倣だ、と言われ
徐々にカミーユは心を病み、40代後半に統合失調症を発症する。

1913年3月10日、48歳の時に家族によって
パリ郊外のヌイイ=シュル=マルヌにあるヴィル・エヴラール精神病院に入れられた後、
南仏のモントヴェルク精神病院に移動させられ、生涯をそこで過ごした。
母ルイーズはカミーユの芸術に理解を示さなかったため、
2人の間には生涯確執が消えることはなかった。
そのためルイーズと妹が病院へ見舞いに行くことは一度もなく、
弟ポールが数年に1度見舞うのみであった。
しかし弟も結婚し、外交官として任地の上海へ向かった後は姉と会う回数が激減した。
後年は毎朝決まって病院構内の礼拝堂に向かい祈った。
カミーユは誰とも口を聞こうとせず、一人自己の世界に閉じこもった。
また、ロダンへの憎しみと周囲の患者を見下すことで
かろうじて自己の精神の孤高を保った。
晩年のみすぼらしい身なりで痩せこけ、
精彩を欠いた姿に面会したポールは愕然としたという。

第二次世界大戦中の1943年、家族に看取られることなく亡くなった。
78歳没。故郷に帰ることを終生願ったが叶うことはなかった。

精神を病んだ後カミーユは多くの作品を破壊したが、
そのうち約90の彫像、スケッチ、絵画が現存した。
死後の1951年、弟ポールはロダン美術館で彼女の作品の展示を行った。
~Wikipedia引用~

"悲劇的"という言葉を体現したようなカミーユ。
19歳でロダンと出会って、20歳でロダンの子供を中絶することになり
破綻に向かうということは、たった1年足らずの幸せな期間だったということでしょうか。
その後は30年以上も精神を病み続けた悲痛の人生。
この映画にカミーユの精神を病んだ時代の人生がありありと描かれています。

DVD「カミーユ・クローデル ある天才彫刻家の悲劇」

こちらは有名なカミーユの作品
悪魔が老人を連れ去ろうとするところを、若い女性が引き留めようとしている作品
L'age mûr

LM magazine

wikipedia fr

Le livre et la théière


ロダンの才能の影に隠れていた天才的なカミーユの才能
ですが3月26日彼女の作品を集めた
カミーユクローデル美術館がオープンしました。
Musée Camille Claudel
10 Rue Gustave Flaubert, 10400 Nogent-sur-Seine
料金;7€
火ー金 11時~18時 / 土・日 11時~19時
※4月1日~10月31日まで(月)休み 11月1日~3月31日月火休み

パリ郊外ですが、建物も素敵なので是非行ってみたいです。


インスタで好評だったロダンのスノーボール

29PARIS.comのインスタもどうぞよろしく♪また明日!
À demain
--------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
どうぞ宜しくお願いいたします★
ポチッ→
フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ
ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

NEW BLOG

Scroll Up