FROM PARIS

【脱帽の探求心】素敵すぎる BULY(ビュリー)4月1日、日本へ!

今日のパリ3月27日
BULY ビュリ― パリ
4月1日、日本進出が決定したパリの話題のコスメショップ
【BULY1803】
今日はサンジェルマン・ボナパルト通りパリ本店をレポート致します!
-------------------------------------------------------------------------------------
アンチエイジングの資格
-------------------------------------------------------------------------------------

OFFICINE UNIVERSELLE BULY 1803】
Story;1803年サントノレ通り。香水と化粧品のお店としてBULLYは創業しました。
(創業当時は「BULLY」とLがふたつでした。現在はBULY)
BULY ビュリ― パリ
19世紀のパリはナポレオンと妻ジョセフィーヌが香水を愛用した時代で有名ですが、
ヨーロッパで香水が定着し始めた時代であります。
それとともにBULYも名声を上げ、この人気は100年もの間続きました。
ところが、BULYの名声は時代の経過とともに世に忘れ去られてしまったのです…

時を経て2010年頃。パリ。

かねてから美容関係の仕事を多く手掛けていルカップルがいます。
フランスコスメ界のカリスマと言われる
Victorie de Taillac(ヴィクトワール・ドゥ・タイヤック)氏と
アートディレクターRamdane Touhami(ランダム・トゥアミ)氏夫妻


二人は、現在のパリに”歴史ある美容コスメショップ”がないのが気になっており、
古い文献の中から歴史あるブランドで”全て天然成分”で作られるBULYを発見。
この歴史あるBULYを現代に蘇らせたらおもしろい、と
復活への挑戦を始めました。

しかし、19世紀の商品をそっくりそのまま2000年代に持ってきたのでは、
現代人のお肌に合わない!
3年という長い年月をかけて、当時のブランド力を引継ぎ
天然成分で作られるコスメは継続し、構成を現代人の肌に合うよう調整、
現在のBULYを2014年パリRue Bonaparteボナパルト通り6番地に誕生させたのです。
BULY ビュリ― パリ

入り口を入ってからすでに素敵なイタリアンタイルの足元にBULYのロゴ。
BULY ビュリ― パリ
足元から顔を上げるとキャンドルが迎えてくれます。
BULY ビュリ― パリ

BULY ビュリ― パリ
大理石のキャンドル 130€
植物性素材のみで作られ、ススが出にくく、
保冷性のある大理石で持続時間がとても長く100時間。
(キャンドルの隣りの小箱は擦ると香りのでるアロママッチ)

そして、こちらが店内。
19世紀のナポレオンとジョセフィーヌの時代が現代に蘇ったよう。
BULY ビュリ― パリ
(午前中早い時間に行かないと、この静けさはありません
昼過ぎから続々とお客さんが訪れます)

大理石の上に整然と並ぶの商品のボトルはガラス製。
ブランド精神にそぐわないのでフラスティックは使わないこだわり。
BULY ビュリ― パリ

商品のストックはボトルの美しさを引立たせるアンティーク家具の中へ収納。
BULY ビュリ― パリ

【EAU TRIPLE】フレグランスウォータースプレー
BULY ビュリ― パリ
アルコールフリーで乳白色のスプレータイプ
とても軽い付け心地だったのが印象的です。
トップノート、ミドルノート、ベースノートと変化せず
付けた状態の香りが自分の体温と合って優しく香ります。
またアルコールフリーなので髪につけて香らせても、
お洋服の上からスプレーしてもOK!
とりあえずボトルの美しさと、シルバーの蓋をわざわざクルクルと廻して
開ける動作が歴史を感じてとっても素敵です。

思いっきりわし掴みにしてしまいましたが、こんな和風のボトルデザインも。
BULY ビュリ― パリ


さて、ここからはおすすめ商品です。
【29PARIS.com的 BULYおすすめ商品】
①お土産にもおすすめの石鹸サボン 29€
BULY ビュリ― パリ
※なんと中央にイニシャルを5€プラスで刻印してくれます。(その場でお渡し可能)
BULY ビュリ― パリ
さらに石鹸の箱にはお気に入りのイメージのシールを張ってくれます。
(画像後ろに移っている”手”のイメージなど)
BULY ビュリ― パリ
石鹸で29€とちょっとお高めですが、このパッケージと
イニシャル付きなら、パリ土産にとても喜ばれること間違いなしです。

②ポプリ(量り売り)
BULY ビュリ― パリ
ガラス瓶に入ったポプリから好みの香りを調合して、
BULYロゴ入りの布袋に入れてくれます。
BULY ビュリ― パリ
パリの香りをそのまま日本へお届けですね。


③アラバストル 20€
BULY ビュリ― パリ
謎の物体なのですが、、、「石」なんです。
どう使うかというと、
小さなお子さんがいてキャンドルの火を灯したくない時などに、
こちらの石に香りを染み込ませて部屋に香らせるという新しい方法。
BULY ビュリ― パリ
無骨なイメージの石ですが、こうしてお気に入りの陶器にいれて使うと、
一気にお洒落になりますね。
古代ギリシャのボディーフレグランスの保存容器として使われていた
アラバストロンから由来しているそうです。

今のところ店頭一番人気は”手”のイメージが印象的なハンドクリームだそう。
こってりした重量感のある使い心地。
乾燥した手のカサカサ部分にずんずん浸透していくイメージです。


【29PARIS.com的 BULY番外編】
BULYの公式サイトでは、名称を
「OFFICINE UNIVERSELLE BULY 1803」と書いてあります。
まさにユニバーサルで、世界中約400もの生産者と取引をしているようで、
各国の美容の秘伝の方法が集められています。
我が日本からも!
日本でもなかなか目にすることのない「香炉」が2000€から販売されていました。
BULY ビュリ― パリ

BULY ビュリ― パリ

さらに、、、そこに目をつけたか!!!の
「米ぬか」
BULY ビュリ― パリ
まさかの米ぬかを突いてくるとは・・飽くなき探求心に脱帽です!!

日本人である私の方が説明せねばいけないのに、
店員さんの方がペラペラと説明してくれました。商品知識バッチリ(笑)
ビタミン豊富でゴマージュ等に使ってください、
そして開封後は冷蔵庫保存してください、と説明されました。
お値段ちょっと高く200gで64€。


パリの19世紀から続くコスメブランドの精神を堪能でき、
さらに世界中の美容の秘法を発見できる、
まさにOFFICINE UNIVERSELLE BULY(ビュリ―)
いよいよ待望の日本オープンは今週土曜4月1日。
代官山です。
日本はどんな内装になるのか楽しみですね♪
【日本初 代官山店】
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-25-9 B1F
営業時間:11時~20時
定休日:年中無休
電話:0120-09-1803

【フランス・パリ】
住所:6 rue Bonaparte 75006 Paris
営業時間;(月)11時~19時 ㈫~㈯10時~19時
定休日;日曜日
電話;01 43 29 02 50
メール;info@buly1803.com

フランス版公式サイトでは各商品の仕様方法がyoutubeで見れるようになっています♪

日本のBULYをどなたかレポートしてくれないかと心待ちにしています♪
代官山って場所もいいですね♪

みなさま良い1週間に!パリは夏時間に変わって日本と時差は7時間になっています。
À demain
--------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
どうぞ宜しくお願いいたします★
ポチッ→
フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ
ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

BLOG RANKING

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

NEW BLOG

Scroll Up