BLOG

パリ最古のお菓子屋さんが攻めたチョコを売り出した!!

今日のパリ3月24日
パリ セーヌ川
まだ白鳥がいるセーヌ川。春よ早く来い!
--------------------------------------------------------------------------------
アンチエイジングの資格
--------------------------------------------------------------------------------
気付かないうちに3月が終わろうとしています。
今週日曜日から夏時間に変わり日本との時差は7時間となります。
日が長くなり、19時でもまだまだ空が明るいパリになってきました。

さて、来週土曜日4月1日はエイプリルフール
4月1日の正午までが嘘をついても許されるリミットだそうです。
エイプリルフール。フランス発祥説が有力だとご存知でしたでしょうか?
~wikipedias~
エイプリルフールの起源は全く不明である。
有力とされる起源説を以下に挙げるが
いずれも確証がないことから、仮説の域を出ていない。
その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、
4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が
1月1日を新年とする暦を採用した。
これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。
しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、
町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。
フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、
フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、
その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。
これがエイプリルフールの始まりである。

エイプリルフールの発祥の地ですから、やることが大がかり!!
去年はメトロの駅名がこっそり変えられていましたね!!
Opéra が Apéro

Auvers オンヴェーが“Inverseアンヴェ―ス(逆という意味のフランス語)”に
発音が似てるってことで駅名が逆さまに!

今年は何か面白いことが起こるでしょうか?!

4月はPoisson d’avrilの他にPâques(パック)=イースターもフランス人にとっては重要。
Pâquesとその翌日月曜日もlundi Pâquesとして祝日になりますが、毎年日付は変わります。
2017年Pâques「春分の日後の最初の満月の次の日曜日」(今年は4月16日17日)

Pâques(パック)前は街のチョコレート屋さんに
キリストの復活を示すタマゴ型の可愛いチョコが溢れて、
チョコレートやさんは稼ぎ時シーズン。
ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユ
ここは1761年創業のパリ最古のお菓子屋さんと言われている
「À la Mère de Famille(ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユ)」
ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユ

こんな歴史ある重厚感のあるお菓子屋さんが、
攻めたPâques用チョコレートを売り出していました!
こちらです ではなくて、こちら↓↓↓↓
ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユ

子供達が食べる魚型のオーブンで温めるインスタントフライ。
これに激似の魚型チョコレート。
ご丁寧にフライの衣は食感を寄せたヘーゼルナッツ。
中はプラリネチョコレートになっています。
ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユ

ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユ
なんか色味もパッケージ感も随分似ている。お値段ちょっと高めで、
6つのお魚チョコレート入り20.50€

重厚な歴史あるお店なのに、こんな遊びをしてくれるのがフランス人!

【À la Mère de Famille 本店】
35 Rue du Faubourg Montmartre, 75009 Paris

ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユ


チョコレートは家に切らせない、でまた明日!
À demain
--------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
どうぞ宜しくお願いいたします★
ポチッ→
フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ
ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

NEW BLOG

Scroll Up