FROM PARIS

いよいよパリの日曜日が変わり始める2017年!

パリ 日曜日
今日のパリ1月6日 




今年はなんだか「 Galette des roisガレット・デ・ロワ」の
盛り上がりに掛けるようですが、、、
こちらはJean Paul HévinのGalette des roisガレット・デ・ロワです。
-------------------------------------------------------------------------------------
アンチエイジングの資格
-------------------------------------------------------------------------------------

日本のプランタン銀座が2016年12月で
フランスプランタンとの商号・商標契約終了をもって閉店したようですね。
wikipedia
しょっちゅう買い物に行くデパートではなかったですが、
何故か義理チョコを買いにだけ行っていた、変わった思い出があるデパートです。

さて、こちらは本家本元のPrintempsプランタンデパートHaussmanオスマン店

プランタンデパートは2016年12月30日に日曜日の営業について
「年間12回の日曜日の特別営業を決定」したそうです。

ご存知の通りパリの日曜日はこれまで、
お店が閉まっていてどこにも買い物に行けない(泣)
という観光客にはちょっと残念な状況でした。

しかし今度の大統領選挙に出馬する、
エマニュエル・マクロン氏による「経済の成長と活性のための法律案」
ものすごい人気ですよ!! facebook
いわゆるマクロン法によって、
シャンゼリゼ界隈の観光地のお店は日曜日に開店するようになり、
パリにある大型デパートは、
【Galeries Lafayetteギャラリーラファイエット】
1月8日(日)から毎日曜営業スタート


【ボンマルシェ】
3月19日から毎日曜営業スタート
すでに入り口には日曜日からオープンしますよ!と大きくお知らせが出ています。
ラファイエット

【BHV(通称パリの東急ハンズ)】
※すでに毎日曜営業スタート

がすでに日曜営業を決定していて、
プランタンもいよいよ日曜営業に参戦決定するようです。

ちなみにプランタンは日曜出勤の従業員の給料は2倍で、
代休ありの、子供の面倒を看るため60€支給。
ほーーー!!日曜日普通にデパートが開いている日本人から見たら
驚愕の対応ですね!
ちなみにラファイエットも日曜勤務の従業員給料は2倍になっています。


パリに住み始めたころは、“日曜日にお店が閉まっていること”に慣れるまで
しばらくかかりましたが、
今では“日曜日はお店が閉まっていること”が当たり前になっています。
日曜は、美術館に行ったり、映画に行ったり、ピクニックをしたり。
食材はマルシェも開いてるし、パン屋さんも開いているので
デパートが閉まっていても、特に困ることはなかった日曜日。
しかし、いよいよ2017年からはパリの日曜日は大改革しそうですね。
お客さんの方が日曜オープンに慣れるまで時間がかかりそうな気がします。。。


【余談】この記事を書いていて判明したのですが、
プランタンデパートはカタール国の所有物だそうです。知らなかった。。。
給料明細はカタール名義(笑)?!
そして、ボンマルシェはLouis VuittonのLVMHグループで、
BHVはラファイエットグループです。

【パリデパート勢力図】

そしてこちらは日曜と同じくデパートが開店しているか気になる祝日カレンダー
日本人には馴染みのないキリスト教関連の休みが多いですね。
どうぞご参考ください。

【2017年フランスの祝日】
また明日!
À demain
--------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
どうぞ宜しくお願いいたします★
ポチッ→
フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ
ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon
サロンドロワイヤル
アルガンオイル

NEW BLOG

Scroll Up