FROM PARIS

【ミニ知識】クロワッサンを極める

パリ クロワッサン
今日のパリ1月5日 
パリ ソルド
パリは11日(水)のソルドスタートに先駆けて
プライベートセールが始まっています。
一応メンバーのみの先行セールになっていますが、
パリ ソルド

その場でメンバーになれるので、実質全員向けのソルドに等しいです。
パリ ソルド
セールが始まれば、さらに値段は下がると思いますが、
同時にサイズもなくなっていくので、、、今は“掛け”の気分で、
今買うか 
VS 
サイズがなくなるリスクを犯して、
11日のソルドを待ってもっと値段が下がってから買うか

相当迷っております。
パリソルドを目指して日本から来られる方も多いでしょうか。
少し早くパリに入って、プライベートセールにあやかるのもいいかもしれません!
CHANEL路面店も少し前からソルド価格で売ってくれますよ♪
-------------------------------------------------------------------------------------
アンチエイジングの資格
-------------------------------------------------------------------------------------

さて、激しいソルドの前に心穏やかな時間を過ごそう、
と近所のいつものパン屋にクロワッサンを目がけて向かいました。
ところが、臨時休業
口はもうすでに、ここのクロワッサンの気分だったのでだいぶガッカリ。。。

しょうがない、別のパン屋へ。
パリ クロワッサン

今までスルーしていた近所のパン屋さんには、2種類のクロワッサンがありました。
①Croissant ordinaireオーディネー
②Croissant au beurreブール

いや~、今まで全く気にしませんでした!!
みなさんこの2つの差をご存じでしたでしょうか。。。

【①Croissant ordinaire】オーディネー
a)形はこのように丸まっているような形
パリ クロワッサン

b)原料はマーガリンで作られ、脂肪分は植物性で20%、
そしてわずか5%の飽和脂肪酸で出来ています。

【②Croissant au beurre】ブール
a)形はこんな風 
パリ クロワッサン

b)beurreはフランス語でバターのこと。その名の通りバターで作られ、
約20%が動物性脂肪。

パリではクロワッサンが1種類しか売っていないパン屋さんにおいては、
Croissant au beurreクロワッサンブール=クロワッサン
として売っているところが多いです。

日本で売られているクロワッサンがこの定義に習っているかどうかわかりませんが、
フランスでは、
この形であれば、マーガリンを使っている、
この形であれば、バターを使っている、
という認識で良さそうです。


こちらは先日久しぶりに立ち寄った、
【Blé Sucré ブレ・シュクレ】
7 Rue Antoine Vollon, 75012 Paris
相変わらず大きなサイズ。
かな~~~り、濃いバターの香りと味がしましたが、
この形は②Croissant au beurreなので納得ですね!


ちなみに、2017年が始まりましたが、パリクロワッサン暫定1位は
Croissant au beurreです。

お正月明けからクロワッサンを試食し過ぎて、あぁ怖いっ
それでは、また明日!
À demain
--------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
どうぞ宜しくお願いいたします★
ポチッ→
フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ
ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

BLOG RANKING

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

NEW BLOG

Scroll Up