BLOG

パリジェンヌファッション2016-2017秋冬チェック

パリ マダム

こんにちは 

こちらはエルメスパリ左岸店 17 Rue de Sèvres, 75006 Paris

エルメスはパリに3店舗ありますが、一番営業時間が長い店舗(他が18時30分まで。ここは19時まで)

エルメス

さんさんと光が入ってとても広く気持ちのよい店舗です。(以前はプールだったから)

HERMESのインスタを見ていてこの投稿の角度から馬を撮りたかったんですが、ちょっと失敗。

エルメス

インスタのこちらのミニ動画では、遠くから自転車でおじさんが登場。

この人知ってる!メゾン(家具や食器)担当する、とってもやさしいおじさんです。

乗っているのはきっとエルメスの自転車でしょう。8900€(約100万円)

エルメス

エルメス

hermes velo

hermes velo

また、謎の投稿を見つけてしまいました。(【注】音がうるさいです)

Launching the theme of the year party #Hermes #HermesByNature

A video posted by Hermès official account (@hermes) on

世界のエルメスだからと言って、固定観点でなんでも美しいと思ってはいけないんですね(笑)

まったくもってわけのわからない投稿です。

ステレオタイプにエルメス=美しいという式は100%成立しないという立証(笑)

エルメス インスタ

エルメス インスタ

さらにIs this a lady? I think it’s a man」というコメントまで発見。

いや~、週末のひと笑いを頂きました。

(HERMESのインスタは様々な投稿がありますが(笑)基本、とても美しい投稿ばかりです)

hermes1

東京のエルメスの写真もありました。

さて、パリに住んでいるおしゃれなパリジェンヌといえども

エルメスといった高級ブランドばかり身に着けているわけではありません。

昨日のBLOGのようにZARAは大人気。

そして、この頃街を見ていてよ~~く見るテイストのコーディネートがこちら

パリジェンヌ

くるぶし(もしくはそれ以上)ラインの短めの切りっぱなしパンツ

パリ マダム

パリジェンヌだけでなく、マダムもこのようにピンヒールパンプスに合わせてこーディネーとしていました。

パリジェンヌ

多数派はアディダスのスタンスミスとのコーディネートパターン。

パリはもう寒くて、靴下やタイツをはかないとガクガクブルブルの気温ですが、

おしゃれは忍耐。足首丈の肌みせバランスが秋のおしゃれの人気です。

みなさま、よい週末を!

Bon Weekdend

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

NEW BLOG

Scroll Up