FROM PARIS

パリでは、ハジゴの下は通らない!

ボンポワン

今日のパリ10月22日

fiac パリ

パリは雨が急に降ったり、急に晴れたり忙しい天気です。

昨日から10月恒例のfiacフィアックという
国際現代アートフェアが始まりました。
fiacはFoire Internationale d’Art Contemporainの頭文字で
アート作品の売買が行われます。
つまりアート界のパリコレといったところでしょうか。
グランパレやプチパレがメイン会場となって、100~200のギャラリーが参加し、
取引額も数千€から数千万€(10億単位)に上る
大きなイベントになっています。
fiac パリ

公式サイト

fiac パリ

公式サイト

fiac パリ

公式サイト

さらに、このfiacの期間はグランパレなどの会場の他にも街中ではっとした所で

アートが見られる宝探しのようなパリになっています。

village royale

village royale

さて、こちらは打って変わってZARAサントノレ通り

2ara

ここの店舗はfiacのように綺麗なデコレーションの2階建ての店舗

若干在庫揃えが少ないですが、便利な場所にあるので混んでいます。

パリジェンヌ 10着

Amazon

「フランス人は10着しか服をもたない」

なんて嘘!パリのZARAではみんな山のように抱えてレジ待ち。
ヨーロッパでも勢力は伸びるばかり。
zara

各国出身のブランドの勢力図

今日たまたま可愛いスカートを発見し、どうしても自分のサイにぴったりのが欲しくて
こちらのサントノレを皮切りにパリ中のZARAを探し回ってきました。

zara

ラファイエットの店舗に探していたサイズがあると言うので、行ったらない
「はい、想定内です(笑)」結局自分の足で探すはめに。
ないものをある、あるものをない、というのは常識範囲。
さらにスカートの大きさに対して紙袋の小ささ。
これ、アクセサリー入れサイズですよね?!
フランスのZARAやH&Mなどファストブランドで服を買うと、
くしゃくくしゃっと紙袋に入れられますよ。ちょっと、カルシャーショック。
話しは反れましたが、これは先出のサントノレ通りのZARAの前です。

サントノレ通り

引っ越し最中。パリの引っ越しはエレベーターが整っていない建物が多いので
このようにハシゴをかけて引越しをします。
さて、フランス語にはこんなジンクスが。
「はしごの下は通るべからず」=何か悪いことが起こるよ
こういったかけられたハシゴの下を通ると何か悪いことが起こるというのです。
なので下を通らず、ぐるっと回って通り過ぎます。
※フランスなので、はしごがずれたり、荷物が落ちてきたりと過去の経験がジンクスに発展した可能性ありと予想。
さらに、
「傘を家の中で開かない」=何か悪いことが起こるよ
濡れた傘を家の中で乾かそうとしたら、なにやってんのー!と叫ばれましたっ
黒猫=良い事が起こるよ
ボンポワン

ボンポワン

こちらフランス語の授業では良い事が起こるジンクスと習ったんですが、
日本と同じように悪いことが起こるという人も。
また
「木を叩いく」=良い事を呼ぶよ
ヴァンセンヌの森

ヴァンセンヌの森

何か悪いことが続くと、モンそー公園の気を触りに行く友人がいます。
郷に入りては郷に従えで、パリにいらした際は、はしごを避けて、木に障ってみたらなにか良いことがあるかもしれません。
ひとりブラック企業のように慌しかった1週間
みなさん良い週末を
Bon Weenend
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

Weather Paris

Weather Icon

BLOG RANKING

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

NEW BLOG

Scroll Up