BLOG

カフェに嫌われ続けましたが、天使の歌声に救われた夜

サンロック教会

今日のパリ 10月14日

モンテーニュ通り

木の葉がすっかり秋色に変わったモンテーニュ通り

手袋着用率がどんどん上がっているパリ。
アパルトマンの中央暖房が入り始めています。
夜になるとさらに気温がくっと下がります。
さて、そんな寒い夜。待ち合わせは19時。
夏の間は22時すぎまで明るかったのですが、
さすがに19時にはカフェの明かりがはっきり見えるように外は薄暗くなってきます。
待ち合わせはこちら

cafe veriet

cafe Verlet 
256 Rue Saint Honoré, 75001 Paris
ここはコーヒーがとても美味しいカフェなんですが、、、
なぜーーーかいつもアジア人で賑わっている謎めいたカフェなんです。
特にアジア人経営なわけではないのに、韓国人、日本人が占める割合がとても多い。
なんでなんでしょう。パリの七不思議。
 
お向かいに、日本人にも大人気の美しAstier de Villatteがあるからでしょうか?

Astier de Villatte アスティエ・ド・ヴィラット

謎は解明されぬまま時が去っています。
 
さて、前置きが長くなりましたが、cafe Verletでゆっくりコーヒーを飲もうと思ったら、
「マダム、もう閉店なんです、」と。
 
残念っ
 
カフェ難民になり、結局ベタなERIC KYSERに。

カイザー

カイザー

 1階は物販で小さなテーブルがふたつ。そのひとつは話しが長引きそうなカップルが占拠。
残り1席は入口傍でとても寒そうだったので、2階に行こうとすると、
「マダム、今日2階は“日本語のレッスン”でもう席がいっぱいなんです」
(日本語のレッスンなんてやってるんだ)
 
残念っ
 
もうここでいいや、とドアの近くの寒いところでシトロンパウンドケーキを
食べましたが、先日ブログでご紹介した
EMPREINTE内のScafe SEASONの方が10倍美味しかったです!

EMPREINTES

season

 今日はついてないね~、とブツブツ言いながら続いて向かったのはこちら。
Eglise Saint Roch サンロック教会
296 Rue Saint Honoré, 75001 Paris

サンロック教会

彫刻や絵画が美術館級にすばらしいということで

サンロック教会

サンロック教会

別名「宗教美術館」と呼ばれる教会。全長126mの高さを誇ります。
 
今晩はそんな貴重な教会でバロック音楽のコンサートのご招待

サンロック教会

サンロック教会

 
若干年齢層が高いようですが、まあ良し!
ソプラノ2人、メゾソプラノ1人、オルガンの合計4名

サンロック教会

左から2番目の可愛い女性が友人の歌の先生ということで今夜のご招待頂きました。

コンサート開始後必死でマイクを探してしまいましたが、マイクなんてものはなく!教会に響き渡る美しい歌声。

酔いしれるとはこういうことを言うのでしょうか!
 
【雰囲気はこちらから】

「宗教美術館」のなかで時々目を彫刻に馳せながら美しい響きを味わう。
まるで「NHKヨーロッパの音楽紀行」を見ているよう!
暖房が入っていたものの、寒さを忘れるほど聞き込んだコンサートでした。
 
それでは、また明日!
À demain
——————————————————————————–

【2015年10月から2016年9月までの記事はこちらから29PARIS.comのパリ便り

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

CONTACT

取材、執筆のご依頼等お気軽にお問合せください。
CONTACT

NEW BLOG

Scroll Up